« 頑固に硬いよなー | トップページ | 虚言壁 »

タップダンスが進化している

きのうパルスポーツで日経夕刊読んでたら、文化欄にタップの記事、それもいままで登場したタップ記事の中で最大級(私の見た範囲)

ちょっと転用してみる まずはキャッチ

タップダンスが進化している。クラシックからヒップホップまで幅広い音楽で踊るダンサーたち。多彩なビートは「リズムの時代」を象徴する。

で、熊谷さん、玉野さん、セヴィアングローヴァーさんらの活躍を紹介したあとで、舞台評論家の鈴木晶氏がまとめている。

「現代はメロディーよりもリズムの時代」と分析する。ヒップホップやラップなど強烈なリズムを持つブラックミュージックが隆盛で、「鼓童」など日本の太鼓や、打楽器を駆使したショー「STOMP]も世界的に人気を集める。

「メロディーよりも原始的なビートやリズムに人々がひかれている。人間が原始化しているのかもしれない」と鈴木は見る。

ふーん・・・・・それはあるかもね・・・・私がそうだから????

|

« 頑固に硬いよなー | トップページ | 虚言壁 »

タップダンス入門&ヒップホップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13237/883096

この記事へのトラックバック一覧です: タップダンスが進化している:

« 頑固に硬いよなー | トップページ | 虚言壁 »