« 月曜の朝からいきなり香ばしいネタ | トップページ | 朝から火鍋棒 »

居眠りの必修科目

「大学の入試は英語と社会1科目。高校時代は理科と数学は教科書を触るだけで単位がもらえた」。有名私大の教員は、文系の学生から入学後にこんな話を聞いた。
 推薦入試の面接を担当した大学教員は「履修していないのに単位がついている生徒を実際に何人もみてきた」と話す。
 伊吹文科相は「今週中に解決策を出したい」とする一方で、「気の毒というだけで情緒的な解決をしたら国家は成り立たない」と安易な救済には慎重だ。
 学力低下の問題などに詳しい東京理科大の芳沢光雄教授は「大学入試のあり方を含め見直さなければ、“居眠りの必修科目”“『世界史』という名の英語授業”など奇妙な授業が横行する。大学入試で5教科すべて課す代わりに専攻分野以外はやさしい問題にするなど工夫のしようはある。高校の教育は逆に活性化し、複雑化した社会をみる目を養う立場からもプラス」と話す。

∞∞ 世界史が居眠りの必修科目だとは、うまいことを言うもんだと、朝からニヤニヤしているが、どういう仕組なのか知らないが、我らが千葉県は、あんまりそういうのが無いらしい???・・・・・なーんでか??

別に知りたくもないが。

|

« 月曜の朝からいきなり香ばしいネタ | トップページ | 朝から火鍋棒 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13237/4005058

この記事へのトラックバック一覧です: 居眠りの必修科目:

« 月曜の朝からいきなり香ばしいネタ | トップページ | 朝から火鍋棒 »