« 見てはいないが・・・・ | トップページ | きょうの昼飯 »

苦肉の策

埼玉・西武文理高、豪への修学旅行も「世界史」の単位

 30日に必修逃れが判明した、埼玉県狭山市の西武文理高は、2年生で行われる5泊6日のオーストラリアへの修学旅行を2004年度から世界史の授業に換算していた。

 「海外の歴史に触れる」と独自解釈し、旅行前後に行った事前調査や事後報告に費やした9時間も加えて、規定の105時間の授業に替えて単位を認定していた。

 同校によると、修学旅行では、現地の大学や史跡を訪れるなどした。畠山武教頭は「滞在1日は約8時間の授業に相当すると考えた」と説明。埼玉県学事課は、「世界史の教科書が使われていない」「現地滞在期間は単位に認められない」などと未履修と判断した。

 同校が県に提出していた履修計画書では、世界史が組み込まれていたが、実際の時間割では化学、数学、英語に換えられていた。

@@ もうそろそろ下火になるかと思いきや、イジメと並んで、次々と明るみに出てくる・・・・・のではなくて、誰かが面白おかしく、こんなことやってましたよと報告してマスコミが取り上げるの図はまるで2ちゃんねる??

だまってりゃ楽しい修学旅行だったのに・・・・・貧乏で参加できなかった生徒の逆恨みか、はたまたライバル高校のチクリか、なんだかまだまだ続きそうだが、来週くらいまでじゃないだろうか?

|

« 見てはいないが・・・・ | トップページ | きょうの昼飯 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13237/4015692

この記事へのトラックバック一覧です: 苦肉の策:

« 見てはいないが・・・・ | トップページ | きょうの昼飯 »