« きょうの昼飯 | トップページ | 酒のリバウンド »

渦中の人

毎日新聞 佐賀支局
朴鐘珠(ばく ちょんじゅ) さん

・天皇皇后両陛下の佐賀での「全国豊かな海づくり大会」(10/29)ご出席に関し、
 佐賀県知事と毎日新聞記者との間で以下のようなやり取りが行われた。

--<以下、抜粋>--
○毎日新聞:今回の行事に、天皇と皇后が佐賀に来ることの意味って何ですか。
○知事:
 この大会には毎回、天皇皇后両陛下にお越しになっていただいておりまして、今回も
 また来ていただけるということであります。
○毎日新聞:いやだから、そういった慣例化されているから呼んだということですか。
○知事:
 慣例化されていない特別の行事にお越しいただくことは難しく、またなおかつ、たくさんご公務が
 おありになりますので、そういう中で、この豊かな海をつくっていくということがこれまで以上に
 大事になってきていると思っておりまして、ぜひとも国民の象徴である両陛下のご来県を
 お願いしたということでございます。
○毎日新聞:
 非常にこうなんかいろいろとお金も人もかかりそうなんですけれども、このお二人が佐賀に
 来るということで。そこまでする価値があるんですかね。
○知事:
 もちろん、私どもとしては価値があると考えております。
 そもそもこの大会自身は、天皇皇后両陛下、天皇陛下が皇太子殿下の時から豊かな海を
 つくっていくということに対しては大変関心をお持ちで、それでこの大会が始まったということも
 ございます。特にこの大会については、私どもからお願いしたということもございますし、天皇皇后
 両陛下もぜひ参加したいというお気持ちをもって臨まれるのではないかとご期待申し上げております。
○毎日新聞:
 ちなみに、この行事は天皇と皇后がここに来ることによって幾らだけ予算が余計にかかるんですか。
○知事:
 今回、これだけの額がかかっているということはもちろん、今も予算審議を通じて公表させて
 いただいておりますし、別途公表させていただく、数字をお届けすることはもちろん可能で
 ございます。それはさせていただきます。数字を出すつもりはございません。

○毎日新聞:来ない場合と来る場合で試算出ないんですか。来ない場合も想定されてたわけですよね。
○知事:
 来ていただくかどうかというのは、最終的に今日の時点で宮内庁から発表になったわけで
 ありますけれども、お越しいただくという前提でずっと作業自体を進めてきております。
○毎日新聞:
 何か私の言っていることがあんまり通じていないような気がするんですけど。
 今日来ないという発表があっていたらどうなっていたんですか。
○知事:
 だから、今日来ないという発表にはなりません。ずっとちゃんと積み上げをしておりますので。
○毎日新聞:最初から来るとわかっていたんですよね。
○知事:
 来られるかどうかということの判断は、それはいろんなプロセスを経て判断があるわけで
 ありますから、最初からお越しになることがわかっていたということではございません。
○毎日新聞:
 普通に県民の感覚として、仮に1,000万円だとしましょう、天皇皇后に対して係る経費負担が。
 今の県の財政状況を考えたら、それすらもったいない気がするんです、僕。もっと有効な成果が
 出ると思うんです、海づくりよりも。別に海づくりのためだけじゃなくて、天皇皇后がここに来なくても、
 海の大切さ以外にも伝えなきゃいけない、教育でも福祉でも困っている人がいっぱいいるわけですよ
 世の中の弱者というのは。そういった人たちに目を向けられないのかなと私、疑問に思うんですね。
○知事:
 いや、それは違います。弱者の方に目を向けるのはもちろん必要なことで、それをやらなくちゃ
 いけないから、こういう大会をやってはいけないとか、こういう大会をやるときに、天皇皇后
 両陛下のご来県を仰ぐというのがおかしいということにはならないと思うんです。
○毎日新聞:やっぱり沿道に子供たちとか大人たちも含めて、小旗を振るような動員はされるわけですかね。
○知事:動員ということではございませんが、そういったことをしたいという方は沿道に出られると思います。
--<以上、http://www.saga-chiji.jp/kaiken/06-9-28/shitsumon1.html より>--
※有志による動画
 ttp://www.youtube.com/watch?v=xBvWHz5oYX0
※前:http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1162309622/

|

« きょうの昼飯 | トップページ | 酒のリバウンド »