« 仕事始め | トップページ | 夢がないよね・・・となじられて »

よく見りゃ裸ではない

“裸”演出に抗議の電話 紅白歌合戦

女性ダンサーが裸に見えるボディースーツを着用、視聴者から苦情や意見が寄せられた場面(撮影・千村安雄)

女性ダンサーが裸に見えるボディースーツを着用、視聴者から苦情や意見が寄せられた場面(撮影・千村安雄)

 大みそかのNHK紅白歌合戦で、女性ダンサーが裸に見えるボディースーツを着用して踊る場面があり、31日夜の放送中に視聴者から「子供の見ている時間にはふさわしくない」「ふざけすぎ」など、252件(午後11時45分現在)の苦情や意見が同局に寄せられた。

 初出場のDJ OZMAさんが歌う場面で、複数の女性ダンサーが衣装を脱いだところ、下に着ていたボディースーツに乳房などが描かれていた。放送中、総合司会の三宅民夫アナウンサーは「裸ではないかという多くの電話を頂きましたが、裸ではありません。誤解を与える結果になり申し訳ありませんでした」と説明した。

|

« 仕事始め | トップページ | 夢がないよね・・・となじられて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事