« きょうの昼飯 | トップページ | タリスキーではなくてタリスカー »

あるある捏造の後始末

「あるある」捏造、検証番組に批判電話345件

4月4日11時13分配信 読売新聞


 「発掘!あるある大事典2」のデータ捏造(ねつぞう)問題で、3日夜、関西テレビがフジテレビ系の全国ネットで放送した検証番組「私たちは何を間違えたのか 検証・発掘!あるある大事典」について、4日午前零時までに、フジテレビに視聴者から240件、関西テレビに105件の苦情電話が寄せられたことがわかった。

 その大半が「なぜ、出演した制作スタッフの顔を隠すのか、音声まで変える必要があるのか」など、検証番組の制作手法を批判する内容。関西テレビには同様の電子メールも400件寄せられた。

 また、ビデオリサーチの調べで、番組の平均視聴率は関東地区で5・1%、関西地区では6%だった。
TODAY1 ∞ きのうからスポクラの火曜新メニュー(名称が変わっただけ)に参加した帰り、確か8チャンが10時台に安藤優子さんとか桜井良子さんを起用したニュース番組をやるなんてどこかで聴いていたかTVの番宣をみたので、久々にワンセグを眺めるが、なにやら特別番組で、例のあるある捏造の総括番組みたいで、ふーんなんて思いつつ、後半の20分くらいを見るが・・
おおっつ、それなりに検証しているな、さすが、これをTV朝日とかTBSに見せてやれと思っていたが、今朝の4チャンの辛坊さんのコメントにビックリ
なんとこの番組の前半には上記のニュースのように、スタッフを目隠し&音声切り替えで隠していたそうな??、そのことに辛坊さんは怒っていたのだが、あいにく番組の後半しかみていない私はワケが解らなかった。
まあ、番組つくりとはそんなもんで、見方、見せ方でいくらでも情報操作できるってこと。一部の文言のアゲ足をとって騒動を起こす左翼マスコミと同じようなモノ。
・・・んなワケで??、番組の全体を見ないと、正確な判断が下せないという一例?
・・・んな大げさなものでもないか・・・しかし、あるあるの如く危うく騙されるところだった

|

« きょうの昼飯 | トップページ | タリスキーではなくてタリスカー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事