« 朝からカツカレー | トップページ | きょうの昼飯 »

大阪の民度 

<大阪府知事選>

民主も擁立 

国政と同じ与野党の対決に

12月12日19時27分配信 毎日新聞


 来年1月10日告示、27日投開票の大阪府知事選で、民主党は12日、大阪大大学院工学研究科教授の熊谷貞俊(くまがいさだとし)氏(62)を擁立する方針を固めた。17日の同党大阪府連パーティーまでに正式表明する見通し。また、タレントで弁護士の橋下徹(はしもととおる)氏(38)が12日、大阪府庁で記者会見し、無所属で立候補することを表明した。自民、公明両党は橋下氏を推薦する方向で調整している。

 知事選は今年11月の大阪市長選と同様、従来の相乗り体制が崩れ、国政と同じ与野党の対決が確実となった。

 民主党大阪府連の平野博文代表は12日、府議団総会で、熊谷氏擁立が固まったことを報告した。熊谷氏は毎日新聞の取材に「またタレントが知事になれば、大阪の民度が問われる。これだけ大きな力がある大阪に元気がないのはおかしい。府民に自信と誇りを取り戻したい」と語った。

 熊谷氏は東大工学部を卒業し、阪大大学院博士課程を修了。電気電子情報工学専攻。兄は元阪大学長の熊谷信昭・兵庫県立大学長。

 一方、橋下氏は会見で「大阪は元気がない、明るくない。東京を除くその他の都道府県の一つになってしまった。予算の選択と集中で、明るく元気にしたい」と述べ、子育て支援などに力を入れる考えを示した。出馬と不出馬で揺れ動いたことでは、「テレビ番組の調整が難しかった」と釈明した。橋下氏は早大を卒業。大阪弁護士会に所属し、テレビ番組など10本にレギュラー出演している。

 知事選には、共産推薦の弁護士、梅田章二氏(57)が既に出馬表明している。
TODAY1 ∞ ピンカラ先生・・もとい最大限のお世辞としてコナンの毛利小五郎先生、こりゃちょっと失言・・・というか決定的かも知れない。
民主党大阪府連の平野博文代表は12日、府議団総会で、熊谷氏擁立が固まったことを報告した。熊谷氏は毎日新聞の取材に「またタレントが知事になれば、大阪の民度が問われる。これだけ大きな力がある大阪に元気がないのはおかしい。府民に自信と誇りを取り戻したい」と語った。
つまり弁護士のタレントが当選したら大阪の民度は低い??・・ってことだから、これはかなりの反発材料、いったいアンタは何さまや!!
「へえ、名探偵 毛利小五郎でんがな!!」
まあ、しかし一理はあるな・・・都民だってかつては美濃部・青島なんぞを選んだ前科はある。
でも、そのまんま氏も息切れせずに頑張っているし、いいんじゃねーの!
Konan

|

« 朝からカツカレー | トップページ | きょうの昼飯 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事