« しそわかめ・練り梅入り(105円) | トップページ | 靖国問題に火を付けたのは報ステの加藤千洋だった! »

昨日の朝日新聞の検証??

中国製冷凍ギョーザで腹痛・吐き気 農薬混入か 千葉

2008年01月30日16時28分

 千葉県市川市の飲食店店員女性(47)の家族5人が中国製の冷凍ギョーザを食べて、腹痛や吐き気、下痢を訴え、病院で治療を受けていたことが30日、分かった。

千葉県警はギョーザに農薬が混入していたものとみて捜査を始めた。輸入販売元である日本たばこの子会社JTフーズ(東京都大田区)からも事情を聴く方針。

 県警などによると、5人は22日午後8時ごろ、自宅でギョーザなどを食べたところ、吐き気や下痢などの食中毒症状を訴えた。女性の次女(5)が一時な重篤状態に陥ったが、現在は快方に向かっているという。

 県警が冷凍ギョーザを鑑定したところ、有機リン系の薬物(メタミドホス)が検出された。メタミドホスは通常殺虫剤に含まれる薬物だという。

 冷凍ギョーザは、中国で製造され、輸入したもの。残留農薬が混入したとみられるという。

TODAI1 ∞ きのう、このニュースをネットで見たときに、朝日と他のメディアの報道の違いに驚いたが、この記事を出した時点で、いかにも中共に気をつかった扱いで、なるべく炎上??しないような配慮が見られる。

まあ、ソースもしっかりしない段階で、やたらに大げさに騒ぐべきではない??と判断したのかどうか分からないが、軽く見ていたフシはある。

きのうは仕事も遅く、神田にはいけなかったので、地元についてからワンセグでTVニュースでも見るかと・・・・・・丸ト水産に向かえば・・・

ありゃりゃ・・・ご近所さんのスタッフ・「あらーお久しぶりですねえ・どうぞ」ということで・・・引っ張り込まれてしまったが、店内はワンセグが映ったり映らなかったりなんで、音声のみウオークマンをTVにしてNHKを見るが・・・

なんとトップニュースの扱い

まあそうだろうな・・と思いつつ、見たくもないN捨てはどうかいな?と音声を聞くが、やっぱり扱ってました。

コメンターで、中国共産党の代理人、加藤がどういうかと思ったら、「何者かが混入した疑いもある・・・」みたいな、根拠のない憶測をたてて、中共メディアに媚を売る姿勢が見られた・・・

もといモザイクになった画面と、音声から聞き取れた。

呆れたヤツだなあ!!

以下は国賊 加藤の仕業

★朝日新聞社が焚きつけた靖国問題★
東京裁判で有罪とされた人々の合祀は1959年に始まり78年に
14人のA級戦犯を合祀して終了した。この間、中国を含め海外から
一切抗議はなかった。1979年、大平首相が、80年と81年鈴木首相が
参拝したが、何の問題も引き起こさなかった。1982年教科書問題が
日本を襲った当時も中国は教科書問題を取り上げるのみでA級戦犯の
靖国合祀には一切言及しなかった。

中曽根首相が1983年、84年に靖国参拝した時に至るも何ら問題は
生じなかった。つまり靖国問題はわずか16年前の1985年からなのである。
戦後政治の総決算を掲げた中曽根首相は1984年に靖国神社問題についての
諮問委員会を設置し、1985年8月15日に靖国を公人として参拝した。
その直前の8月7日に朝日新聞は、中国は靖国問題について日本の動きを
注視している、と報じた。当時の「人民日報」や新華社電を精査しても
そのような中国の動きはまったく存在していない。

人民日報はこの朝日の記事を受けて8月11日付けで、日本国内に首相の靖国
参拝に批判的な動きがあると報じた。ついに8月14日中国政府スポークスマン
は中曽根首相の靖国参拝はアジアの隣人(中国人民)の感情を傷つけると
正式な反対表明をするに至った。

かくして「無」から「有」が生じ、日中間で互いに相手国で靖国が斯様に
論じられ報じられていると木霊のような遣り取りが始まった。

http://www.youtube.com/watch?v=KT-Dj8agc4Y

|

« しそわかめ・練り梅入り(105円) | トップページ | 靖国問題に火を付けたのは報ステの加藤千洋だった! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事