« タイムマシンにおねがい | トップページ | 空とぶでんしゃ 月島行 »

NHK連続テレビ小説「瞳」

ストリートダンス図鑑

ラスト5秒のスゴ技

http://www3.nhk.or.jp/asadora/dance/01/d01.html

毎回『瞳』の本編と予告の後に流れる「ストリートダンス図鑑」。ここでは、プロのダンサーたちがその華麗なステップや技を披露してくれています。

ダンスとともに画面にでてくる「HIP HOP(ヒップホップ)」、「BREAK(ブレイク)」、「LOCK(ロック)」などの文字は、それぞれのダンスの名前です。はじめて見る人にはみんな同じように見えても、ストリートダンスには実にさまざまなジャンルがあるのです。

「ストリートダンス図鑑」では、トップクラスのダンサーたちが、それぞれのダンスの魅力や個性を、5秒という短い時間にギュッと凝縮。軽々と簡単そうに踊っているように見えても、そこには高度なダンステクニックがちりばめられています。

この精鋭たちを全国から集めてきたのは、ダンススクールのスタッフ・モボ役で登場するQ-TAROさんです(第7話で初登場)。Q-TAROさんは、「電撃チョモランマ隊」というダンスユニットのリーダーであり、数多くの振り付けやダンスイベントのMC、審査員などを務めるプロのダンサー。「ストリートダンス図鑑」に登場するのは、彼が「こいつらは、スゴイ!」と認めたダンサーたちばかりです。

本編放送後に毎回、5秒のスゴ技を見ていれば、番組が最終回を迎える頃には、「ああ、これはヒップホップね」「こっちはブレイクダンスだ」と分かるくらいストリートダンスのツウになっているかも。さらには、「ダンスだけでなく、ダンサーたちの独自のファッションも要チェック!」とQ-TAROさん。

また、ヒロイン瞳が夢中になっているヒップホップダンスをはじめ、それぞれのダンスは独自の文化や歴史をもっています。そう、ストリートダンスは、とっても奥が深いのです。どれだけ深いか。それは来週から、このホームページで登場する『モボさんの、ようこそストリートダンスへ』で詳しくご紹介。ぜひご期待ください。

なお、「瞳」携帯公式サイトでは、「ストリートダンス図鑑」を毎週一本、動画で紹介。Q-TAROさんが、華麗なダンステクニックを詳しく解説していますので、興味のある方はこちらにもアクセスを!

TODAY1 ∞ きょうから始まるNHKドラマ 瞳・・・だが、ラストにダンスシーンがある??らしいが・・・・
通勤電車の関係でラスト2分は電車が地下にもぐるのでワンセグが見れなくなる。
会社の昼休みにワザワザ残りの2分を見直すワケにもいかず・・・・
まあ、展開がつまらなければ、番組自体見なくてもよくなるが・・・
ちりとてちんが面白かったから、そのあとの番組は???

|

« タイムマシンにおねがい | トップページ | 空とぶでんしゃ 月島行 »

映画・テレビ」カテゴリの記事