« 五目やきそば納豆ライス(684円) | トップページ | 虐殺支援企業 »

らーめんサイト

http://news.ameba.jp/special/2008/03/12039.html

ラーメンはいつの間にやらウンチクの食べ物になった

 ラーメン店店主から意外なことを聞いた。「本当にこの材料や作り方がいいのか悪いのか分からない」と店主が言ったのだ。

 このラーメン屋店主はメディアから紹介されることによる集客効果の恩恵を受けてきた人物なのだが、「記事にならないよ」や、「こだわりを教えてください」などと言われることも影響し、店で出すラーメンは、より複雑な材料と製法になっていったのだという。

「メディアの人は、“普通にトンコツとトリガラと野菜を煮ただけです”などと言うと、“秘伝のタレはないのですか?”や“特別な豚を使っていないのですか?”などと言う。“いや、別に…”と言うと“記事にならない”(書くことがない)発言が出るのです」

 このように「記事にならない」と言われるのならば…、「なるほど、メディア受けしそうな材料と製法で作れば良いのだな」と凝ったラーメンが続々と出るようになる。そして前出店主は「ラーメン業界全体がウンチク勝負になってきている。消費者やメディアもウンチクがあれば美味しいと思っている」とも語る。

 その結果、「無化調(化学調味料を使わない)のスープ」、「スープには烏骨鶏のガラを使用」、「ローストした甘海老の頭をすりつぶした」、「モンゴルの岩塩を使っている」、「27時間しっかり煮込み乳化させた」などの工夫や、その店の製法に関する“メディア受けしそうな”ウンチク(“店主はフレンチ出身”、“マクロビオティックの思想に基づきラーメンを作っている”など)が並んだとこの店主は指摘する。

 これらの傾向があるとした上で、この店主は「もしかしたら、特別な地鶏よりも、ブロイラーの鶏の方がダシがよく出るかもしれませんし、化学調味料を使うことがウマさの秘訣なのかもしれません。我々も悩んでいますし、よく分からない」と語った。
TODAY1 ∞ ラーメンは大好きだが、毎度毎度どこかに出かけて食べては自身のサイトに画像をアップしてウンチクをたれる・・・・ようなページはゴマンとあるが、私のホームもそうだが、食べ物の写真というのは、接写して撮れば、誰でも上手く撮影できるので、自身のページを埋めるには最適の題材である。
そういう写真とウンチクを並べたサイトは、写真が綺麗なんで、美味そうに見えるし、実際に美味いのだと思うが、動画を乗せたサイトが極めて少ないので、私はなるべく動画、しかもズルズル音を立てて食べるシーンを撮影しているが、ラーメン紹介サイトもそんな動画を多用したら面白いと思うが・・・・・
ま、しかし行列して並んでまでも食べたいラーメンはないので、あんまり関係ないネタではあるが、ふーん??と思った記事なので保管しておく

|

« 五目やきそば納豆ライス(684円) | トップページ | 虐殺支援企業 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事