« チンクは○歳 | トップページ | 83.9kg→82.7kg(△1.2kg) »

オバカな小浜氏か・・

福井・小浜市へオバマ氏手紙 市民歓喜「思い通じた」

2008年03月04日11時55分

 米大統領選で民主党候補の指名争いを続けるバラク・オバマ氏を「オ・バ・マ」という同音の縁で熱烈に応援していた福井県小浜市の市長あてに3日、同氏から手紙が届いた。支援に感謝する内容で、4日午前、同市が発表した。これまで2度にわたって、市長の親書を付けて、伝統産業の若狭塗箸(ぬりばし)や「必勝だるま」を贈ってきただけに、「熱い思いが通じた」と市は驚喜している。

手紙は2月21日付。オバマ氏の名が印刷された封書で、小浜市役所内の村上利夫市長あてに届いた。

 「私たちの共通点は同じ名前以上に、同じ地球において共通の責任を分かち合っていることだと思います」などと記され、「両国の友情を大切にしつつ、より素晴らしい、より自由な世界の実現を約束しあおうではありませんか」と結び、演説で人気を集めるオバマ氏らしい雄弁さをうかがわせている。末尾に「あなたの友人」と日本語で書かれ、本人の直筆とみられる青色のサインが入っている。

 一昨年末のニュース番組で、オバマ氏が同市を知っていることがわかり、応援が始まった。昨年1月には、活躍を祈念する親書と若狭塗の夫婦箸、市紹介のDVDなど5点をワシントンの事務所あてに送付。予備選が盛り上がる今年2月25日には、予備選勝利を願う「必勝だるま」(直径10センチ、高さ7センチの漆製)と2度目の親書を送っていた。市民有志も「オバマ候補を勝手に応援する会」を結成。テキサスやオハイオで予備選がある今月5日(日本時間)には市内の施設で「応援の集い」を開き、そろいの法被や「I LOVE OBAMA」の必勝はちまき姿でCNNの開票速報を見守ることにしている。

today1 ∞ なんでオバマなのだ・・これはオバマサイドの在日外人が仕掛けたのだろうと思ったが、勝手に便乗しているらしい?・・・・

まあしかし、いま、ちりとてちんで小浜市はブームだから、ドラマの放映が終わるまえに、観光協会のコント赤信号がprしたかったのかも?

しかし小浜市民のバカっぽさが伝わって面白いが、いっぽうのクリントンを応援する日本人は・・・・・・?

と思っていたら、農作業運搬車の「ヒラリー」を作る埼玉の会社が応援しているらしい?

|

« チンクは○歳 | トップページ | 83.9kg→82.7kg(△1.2kg) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事