« MIXIの規約改訂 | トップページ | リボンの騎士 »

リボンの騎士 手塚治虫 リメイク

<リボンの騎士>41年ぶり復活

 手塚治虫の名作マンガ、4月から「なかよし」で

故手塚治虫さんのマンガ「リボンの騎士」が、4月3日に発売の月刊マンガ誌「なかよし」5月号(講談社)で、41年ぶりにリメークされることが明らかになった。手塚さんの原作で、アニメ「もやしもん」「ヤッターマン」などを手掛ける高橋ナツコさんがシナリオ、マンガ「ぴちぴちピッチ」の花森ぴんくさんが作画を担当する。

「リボンの騎士」は、王子として育てられた王女サファイアが、権力争いに巻き込まれて塔に幽閉されるが、天使・チンクらの協力で脱出、男装の「リボンの騎士」となって悪をこらしめるという少女マンガで、手塚さんが宝塚歌劇を見て発想したという。1953年に雑誌「少女クラブ」で連載が始まり、63年から「なかよし」で連載。67年にはアニメ化された。再放送などで幅広い世代に親しまれ、06年にも「モーニング娘。」主演でミュージカルも制作されている。

 リメーク版は、「サファイア リボンの騎士」のタイトルで、絵柄も大きく変わり、ヒロインのサファイアと王子フランツの恋物語が描かれるという【河村成浩】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080304-00000005-maiall-ent

TODAY1 ∞ 放映されていたころ(白黒テレビ)は、なんだよ女かよ・・みたいな感じで見なかったのだが、今見たら面白いかも??

ただし、リメイク版の漫画を見てビックリ・・・というかガッカリ

これでは昔のファンが納得しないのでは???

|

« MIXIの規約改訂 | トップページ | リボンの騎士 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。