« ジンギスカン/Berryz工房 | トップページ | 日本酒1升とは頼もしい!! »

チベットの僧侶が現在受けている拷問

四川省で抗議デモ続く

 インドに活動拠点を置く非政府組織(NGO)チベット人権民主化センターは19日、 中国四川省甘孜チベット族自治州甘孜県で18日午後、市場で「チベット独立」などを 訴えて抗議デモを行った数100人の群衆に武装警察部隊が無差別発砲、3人が 死亡し、15人が負傷したと発表した。

米政府系放送局「ラジオ自由アジア」は、この衝突での死者の数は少なくとも2人と伝えた。

また同ラジオは19日までに、チベット自治区ラサでの暴動を受けて、隣接する新疆 ウイグル自治区南部で3人以上の集会が禁じられるなど厳しい軍事管制が敷かれていると報じた。

 同ラジオは亡命ウイグル族グループの話として、管制は今月10日から始まったと指摘。 管制に従わないで集まった者は「違法活動を行った」として拘束されているという。 中国当局は、軍事管制の実施を否定している。

http://image.i-bbs.sijex.net/bbs/dokuo/1205676350347o.jpg

業田良家 「慈悲と修羅」より 引用

|

« ジンギスカン/Berryz工房 | トップページ | 日本酒1升とは頼もしい!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。