« 地蔵橋南東児童遊園の桜 | トップページ | 腹腹時計 抜粋 »

中共のエイプリルフール

ラサ暴動の一主犯、ダライ・ラマ勢力の指図を認める

http://japanese.cri.cn/151/2008/04/01/1@115261.htm

2008-04-01 18:39:01    cri

TODAY1 ∞ 誰も信用しない真っ赤な中国側報道

公安省の武和平報道官は1日北京で、 「ラサ警察当局が拘束した暴動の

一主犯は、ダライ・ラマ勢力の高官の指示に従い、その手下に分裂活動を

起こさせたという事実を認めた」と発表しました。

武和平報道官は、「この主犯はダライ・ラマ勢力と暗号で連絡をとり、中国

で情報収集活動に従事していたことを認めた。 しかし、事件は今審理中

であることから、その実名は明かせず、法に基づき、刑事事件として処理

している。

警察当局はまた、ダライ・ラマ勢力の"安全部門"の一高官の中国領土内

での活動網を発見し、 さらに一部寺院から武器と弾薬を押収した」と述

べました。

武和平報道官は、 「警察当局は、ラサ暴動はダライ・ラマ勢力が画策した

"チベット人民大蜂起運動"計画の一部分であり、その目的はチベットで

指導的に破壊活動を引き起こし、危機を作り出すためであることという

証拠をつかんだ」と述べました。

 

|

« 地蔵橋南東児童遊園の桜 | トップページ | 腹腹時計 抜粋 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事