« マーボーもやし | トップページ | W リバースカセットデッキ »

因果応報

手記で「絞首刑は残虐」=薬使用を訴え-宮崎死刑囚

6月17日13時0分配信 時事通信


 宮崎勤死刑囚は確定後の2006年6月、月刊誌に手記を発表。絞首刑の残虐性を唱え、「薬使用死刑執行の方法にしなければいけないのである」と主張していた。
 手記は母親らを通じて月刊「創」に送った同年5月2日付と16日付の手紙で、同年7月号に掲載された。宮崎死刑囚はその中で、「死刑制度と無期刑制度はともに残虐な刑罰なのであるのだ」と主張した。
 絞首刑については、「踏み板(床板)がはずれて下に落下している最中は、恐怖のどんぞこにおとしいれされるのである(人権の軽視になってしまいます)」と記載。「死刑確定囚は、職員から『きょう、あなたの刑(死刑)が執行されますよ』と告げられてから、恐怖を抱く、という残虐なめにあわせられるのである」と続けた。 
TODAY1 ∞ いたいめにあわせられるのであるのであるのはいんがおうほうなのだ
やっと消滅したようだ、これから地獄のさばきが待っているだろう@

|

« マーボーもやし | トップページ | W リバースカセットデッキ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事