« ポテトフライ WITH ME | トップページ | ♪ハムステーキ ウィズミー »

飛行機内で救命中、傍観乗客の視線と写真撮影でPTSDに

http://sankei.jp.msn.com/life/body/080625/bdy0806250910003-n1.htm

飛行機内で救命中、

傍観乗客の視線と写真撮影でPTSDに

2008.6.25 09:08

このニュースのトピックス:航空・マイレージ

 航空機内で心肺停止した男性に蘇生(そせい)措置をして助けた女性が、やじ馬状態のほかの乗客に写真を撮影され、恐怖心などから心的外傷後ストレス障害(PTSD)になった。

 女性を診察した国保旭中央病院(千葉県)の大塚祐司医師によると、女性は会社員。救急法の指導員資格があり、機内で倒れた男性に独りで人工呼吸や心臓マッサージをした。男性は呼吸が戻り、規則的な心拍も回復して命を取り留めた。

 この間、多くの中高年の日本人男性乗客らが「テレビと同じ」「やめたら死ぬんでしょ」と携帯やビデオで撮影。女性は中年男性が集まる場所で過呼吸症状が出るように。カメラのシャッター音が怖く携帯のカメラもカメラも使えなくなった。「やじ馬の罵声(ばせい)と圧力の怖さは忘れないと思う」と話しているという。

TODAY1 ∞ ちょっと??、ネタではないか??と思ったが、いったい何処の航空会社なのだ??

確かに、女性が倒れた中年男性に口付けをするの図は、ハタからみればエロイだろうし、飛行機内というヒマな空間内での出来事・・・・写真・ビデオを撮りたくもなるだろうが・・

私はアップするビデオには、なるべく人間の顔は写さないように心がけてはいるが・・・

携帯電話のカメラのシャッター音は怖いかも

|

« ポテトフライ WITH ME | トップページ | ♪ハムステーキ ウィズミー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事