« 社民党から出馬 加藤紘一 | トップページ | ジャンボフランク »

もうじき五十肩

きのうの木曜は、いつもなら、ジャズダンス・ボディバランスヨガ・短いバレエの日・・・なのだが、ジャズで、バレエの基本をやっている時に、肩が痛んで右のアンオーが辛く、踊りのときも、右手をかばうような動きになってしまうので、フリが覚えきれず、テキトーに誤魔化す。

こりゃ、イカンなあと、ジャズだけ参加して退散。これからどうなることやら????

ヒアルロン酸注射・・・・来週も酷かったら、体験してみるか??

土日は、たぶん地元の水路掃除で、鎌をつかうはずだしな・・・あっと、土曜バレエは出れないな!!

http://kata.nobody.jp/

四十肩・五十肩とは?

四十歳~五十歳の声えを聞くころから、ささいなきっかけを引き金にして突然、痛みをともない肩が上がらなくなる。
そんな苦しい症状でありながら、明確な整形外科的診断がつかない漠然とした状態 【肩の痛み(肩痛)と運動障害】 を広く四十肩・五十肩と呼んでいます。

肩こりと違う、四十肩,五十肩,肩痛には肩用サポーターも有効です。

四十肩という呼び方は、以前はまれで、ほとんどが五十肩と呼んでいましたが、近年発症の低年齢化が目立つようになり、四十肩という呼び方が増えています。

この様な症状ありますか?

特に多いのが

  • 横から上に腕が上がらない
  • 夜中、痛くて眠れない
  • 腕が後ろに回らない

です。

よく行われる治療法

薬物療法、温熱療法、電気治療、運動療法、鍼灸、指圧マッサージ、整体カイロプラクティック など
です。

四十肩の体操

  • アイロン体操 (コドマン体操)
  • コノリー体操
  • 棒体操
  • 壁押し体操
  • タオル体操
  • 腕上げ体操

肩関節疾患(肩痛)の種類

五十肩とは肩関節疾患のくずかご的な呼び名でです。
つまり原因不明で発症し、40~50歳に好発し、肩関節の痛みと運動障害を伴う疾患を広く五十肩と呼んでいます。

臨床診断が明らかなものに対しては、主に次の種類があります。
↓↓
① 長頭腱炎
② 腱板炎
③ 腱板断裂
④ 石灰沈着性腱板炎

四十肩の3病期

第Ⅰ期…疼痛期(痛み出す)
第Ⅱ期…拘縮期(動かなくなる)
第Ⅲ期…回復期

予後の推定 ~どのように治るか~

予後とは、その疾患のたどる経過と見通しです。
四十肩の場合、予後は良好です。
痛みの激しいときは “このまま治らなかったらどうしよう” と不安になるものですが、一般的には6~7ヶ月で治癒に向かいます。しかし、その間に無理をしたり不適切な治療を行うと後遺症を残すこともあります。

COPYRIGHT(C) 四十肩 あかつき手効院(肩こり) ALL RIGHTS RESERVED.


|

« 社民党から出馬 加藤紘一 | トップページ | ジャンボフランク »

心と体」カテゴリの記事