« 新橋 烏森神社 | トップページ | 遺体は表から晴れやかに・・・侮日新聞 »

日本鬼子

中国関係者に泣かされた中山の6歳長女

http://www.sponichi.co.jp/olympic/flash/KFullFlash20080811111.html

 11日行われた北京五輪の射撃女子クレー・トラップの競技終了後、4位に入った中山由起枝(日立建機)(29)を会場外で待っていた長女芽生ちゃん(6)が、持っていた日の丸を掲示しようとしたところ、北京五輪組織委員会担当者に禁じられる一幕があった。

 日の丸は横幅約1メートルで、芽生ちゃんが3月まで通っていた幼稚園の先生らの寄せ書きがされていた。泣きだしてしまった芽生ちゃんの横で、中山選手の母、広子さん(58)は「規則で会場内は駄目というので外で取り出した。寄せ書きと母娘の写真を取りたかったのに、中国は厳しいですね」と残念そうに話した。

 説明を求められた担当者は「ほかの通行人の邪魔になる」などと関係のない理由を繰り返し、自身の名前を明かすことも拒んだ。 (共同)

|

« 新橋 烏森神社 | トップページ | 遺体は表から晴れやかに・・・侮日新聞 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事