« 遺体は表から晴れやかに・・・侮日新聞 | トップページ | ストリートビュー 千葉県市原市 »

日本鬼子(リーベンクイズ)

http://www.yomiuri.co.jp/olympic/2008/news/topic/news/20080811-OYT1T00685.htm

寄せ書き入りの日本国旗、

掲示禁じられる…クレー射撃 日本以外はOK

 クレー射撃女子トラップの試合後、中山由起枝(日立建機)の応援団が日本から持参した寄せ書き入りの日本国旗が、北京五輪組織委の担当者により掲示を禁じられる一幕があった。

Click here to find out more!

 組織委の五輪観戦規則は、客席での国旗持参を禁じているが、この日は大きなメキシコ国旗を持つ観客が見られるなど、規則は弾力的に運用されている。

 国旗掲示を禁止した理由について説明を求められた担当者は、「ほかの観客の退場のじゃまになると思っただけだ」と釈明し、自身の氏名を明かすことをこばんだ。

 中山の母、広子さん(58)は「応援団と、娘と孫と一緒に記念撮影したいだけだった。せっかく皆さんが寄せ書きしてくれたのに」と残念そうに話した。

(2008年8月11日22時33分  読売新聞)

日本鬼子(リーベングイズ)とは、主に中華系国家・地域(中国台湾シンガポール)で使われる日本人日本民族大和民族)に対する蔑称。

鬼子とはもともと聊斎志異の画皮で記されている道士魔物に対して使う蔑称であった。

当初中国は中国を侵略する西洋人に対して「鬼子」と蔑称していた。東洋人にない西洋人の顔立ちが魔物に見えたからである。 日清戦争が始まると「鬼子」はもっぱら中国を侵略する日本人を指す言葉となった。 現在では日本人を軽蔑する言葉として使われることが多い。「鬼子」といえば日本人を指すが、より明確にするために「日本鬼子」を使う。また「洋鬼子」といえば日本人を含めた外国人を指し、「西洋鬼子」といえば西洋人を指す。 「仮鬼子(假洋鬼子)」は魯迅短編小説阿Q正伝の中で使われた言葉である。当初外国人を装う中国人を形容したものだったが、その後外国人に媚びる中国人を形容する言葉となった。

|

« 遺体は表から晴れやかに・・・侮日新聞 | トップページ | ストリートビュー 千葉県市原市 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事