« 金甲戦士 ウルトラマンのパクリ | トップページ | 園児の涙利用 松本剛一(憲法9条の会) »

さつまいもの日 10月13日

http://www.satumaimo.com/

栗よりうまい十三里」の由来

元々は、「さつまいも = 八里半」

 江戸時代(宝永の頃)、京都に焼き芋屋さんが登場したそうです。
 その焼き芋屋さんの看板には、「八里半」の文字が。


 当時、さつまいもは蒸し芋で食されていたようなのですが、焼いたさつまいもが栗の味に似ていたことから  「栗(九里)にはやや及びませんが」という洒落で「八里半」と名付けた、ということのようです。

江戸で「十三里」にグレードアップ!?

 江戸時代(寛政の頃)、焼き芋は江戸にも伝わり、京都と同じように焼き芋屋さんは「八里半」の看板を掲げたそうですが、江戸は小石川の焼き芋屋さんが、「十三里」と名付けたところ 「栗(九里)より(+四里)うまい十三里」という洒落が江戸っ子にウケて評判を呼び、今で言うところの大ヒット商品となり、それから「さつまいも=十三里」となったようです。

 また、当時美味しいさつまいもの産地として知られていた川越が江戸から十三里(約52km)のところにあるため、「十三里」と呼ばれるようになった,、という説もあります。

 さらに、秋真っ只中の焼き芋は、とても美味しいことから「十三里」より美味しいという意味で「十三里半」と呼ぶ、という説もあります。

10月13日は さつまいもの日

 さつまいもを「十三里」と呼ぶことから、1987年に埼玉県川越市の「川越いも友の会」が、旬にあたる10月13日を「さつまいもの日」と定めました。

|

« 金甲戦士 ウルトラマンのパクリ | トップページ | 園児の涙利用 松本剛一(憲法9条の会) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事