« UH-60 ブラックホーク | トップページ | 第六潜水艇 佐久間勉艦長 »

第六潜水艇

Submarine

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

在りし日の第六潜水艇
在りし日の第六潜水艇

第六潜水艇(だいろくせんすいてい、後に第六潜水艦と改称)は、大日本帝国海軍潜水艇。艦級は改ホランド級で、1906年(明治39年)4月5日竣工、1920年(大正9年)12月1日除籍。その後、沈没の際の乗組員の行為が顕彰されたため、海軍潜水学校で展示されたが第二次世界大戦後に進駐軍によって解体された。

第六潜水艇の遭難

事故概要

1910年(明治43年)4月15日、第六潜水艇はガソリン潜航実験の訓練などを行うため岩国を出航し、広島湾へ向かった。この訓練は、ガソリンエンジンの煙突を海面上に突き出して潜航運転するもので、原理としては現代のシュノーケルと同様であった。午前10時ごろから訓練を開始、監視に当たっていた潜水母船歴山丸が一瞬見失った間に沈没。長時間たっても浮上しないことに気づいた歴山丸は、ただちに呉在泊の艦船に遭難を報告。救難作業の結果、16日(17日)に引き揚げられ、内部調査が行われた。艇長佐久間勉大尉以下、乗組員14人のうち12人が配置を守って死んでいた。残り2人は本来の部署にはいなかったが、2人がいたところはガソリンパイプの破損場所であり、最後まで破損の修理に尽力していたことがわかった。この事故より先にイタリア海軍で似たような事故があった際、乗員が脱出用のハッチに折り重なったり、他人より先に脱出しようとして乱闘をしたまま死んでいる醜態を晒していたため、帝国海軍関係者も最初は醜態を晒していることを心配していた。ところが、実際にはほとんどの乗員は配置についたまま殉職、さらに佐久間艇長は事故原因や潜水艦の将来、乗員遺族への配慮に関する遺書を認めていたため、これが「潜水艦乗組員かくあるべし」「沈勇」ということで、修身の教科書や軍歌として広く取り上げられたのみならず、海外などでも大いに喧伝された。特にイギリス海軍では教本になり、アメリカ国会議事堂には遺書の写しが陳列された

[編集] 殉職者

  • 浴山馬槌
  • 遠藤徳太郎
  • 岡田権次
  • 門田勘一
  • 河野勘一
  • 佐久間勉
  • 鈴木新六
  • 堤重太郎
  • 長谷川芳太郎
  • 原山政太郎
  • 檜皮徳之亟
  • 福原光太郎
  • 山本八十吉
  • 吉原卓治

(50音順)

佐久間艇長の遺言全文

 http://homepage2.nifty.com/12kan/sakuma.htm5

 明治四十三年四月十五日、第六号潜水艇は潜航演習のため山口県新湊沖に進出、午

前九時三十分母艇暦山丸を離れ、午前十時前ガソリン潜航演習を開始した。しかし、

間もなく艇に故障が発生、浸水のため沈没全員殉職した。

 ガソリン潜航とは、現代のスノーケル潜航のようなもので、海面上にパイプを出し、

空気を取り入れながらガソリンエンジンにより航行するという、当時としては斬新な

発想であり、同艇はこれを試験中であった。

 

 この種の事故の際、引き揚げた艇内は阿鼻叫喚の状況を呈していたのが諸外国の例

に見られたが、第六号潜水艇の場合は、総員整然と持ち場に就いたままの姿で発見さ

れた。そのため世界的に大きな反響を呼び、各国の潜水学校では現在も尊敬すべき潜

水艦乗りの姿として教育されている。

以下に、同艇艇長佐久間勉大尉が艇内に於いて死の直前まで書き続けた遺書の全文を

掲げる。

(下の写真は、遺書の最初の部分である)

  

佐久間艇長遺言

 

 小官ノ不注意ニヨリ陛下ノ艇ヲ沈メ部下ヲ殺ス 誠ニ申訳無シ サレド艇員一同死

ニ至ルマデ皆ヨクソノ職ヲ守リ沈着ニ事ヲ処セリ 我レ等ハ国家ノ為メ職ニ斃レシト

雖モ唯々遺憾トスル所ハ天下ノ士ハ之ヲ誤リ 以テ将来潜水艇ノ発展ニ打撃ヲ与フル

ニ至ラザルヤヲ憂ウルニアリ 希クハ諸君益々勉励以テ此ノ誤解ナク将来潜水艇ノ発

展研究ニ全力ヲ尽クサレン事ヲ サスレバ我レ等一モ遺憾トスル所ナシ

 

沈没原因

 瓦素林潜航ノ際 過度深入セシ為「スルイス・バルブ」ヲ諦メントセシモ 途中

「チエン」キレ依ッテ手ニテ之シメタルモ後レ後部ニ満水 約廿五度ノ傾斜ニテ沈降

セリ

 

沈拒後ノ状況

一、傾斜約仰角十三度位

一、配電盤ツカリタル為電灯消エ 悪瓦斯ヲ発生呼吸ニ困難ヲ感ゼリ 十四日午前十

  時頃沈没ス 此ノ悪瓦斯ノ下ニ手動ポンプニテ排水ニ力ム

一、沈下ト共ニ「メンタンク」ヲ排水セリ 燈消エ ゲージ見エザレドモ「メンタン

  ク」ハ排水終レルモノト認ム 電流ハ全ク使用スル能ハズ 電液ハ溢ルモ少々 

  海水ハ入ラズ 「クロリン」ガス発生セズ残気ハ五00磅位ナリ 唯々頼ム所ハ

  手動ポンプアルノミ 「ツリム」ハ安全ノ為メ ヨビ浮量六00(モーターノト

  キハ二00位)トセリ (右十一時四十五分司令塔ノ明リニテ記ス)

 

溢入ノ水ニ溢サレ乗員大部衣湿フ寒冷ヲ感ズ 余ハ常ニ潜水艇員ハ沈着細心ノ注意ヲ

要スルト共ニ大胆ニ行動セザレバソノ発展ヲ望ム可カラズ 細心ノ余リ畏縮セザラン

事ヲ戒メタリ 世ノ人ハ此ノ失敗ヲ以テ或ハ嘲笑スルモノアラン サレド我レハ前言

ノ誤リナキヲ確信ス

 

一、司令塔ノ深度計ハ五十二ヲ示シ 排水ニ勉メドモ十二時迄ハ底止シテ動カズ 此

  ノ辺深度ハ八十尋位ナレバ正シキモノナラン

一、潜水艇員士卒ハ抜群中ノ抜群者ヨリ採用スルヲ要ス カカルトキニ困ル故 幸ニ

  本艇員ハ皆ヨク其職ヲ尽セリ 満足ニ思フ 我レハ常ニ家ヲ出ヅレバ死ヲ期ス 

  サレバ遺言状ハ既ニ「カラサキ」引出シノ中ニアリ(之レ但私事ニ関スル事言フ

  必要ナシ田口浅見兄ヨ之レヲ愚父ニ致サレヨ)

 

公遺言

謹ンデ陛下ニ白ス 我部下ノ遺族ヲシテ窮スルモノ無カラシメ給ハラン事ヲ 我念頭

ニ懸ルモノ之レアルノミ

 

左ノ諸君ニ宜敷(順序不順)

一、斎藤大臣  一、島村中將  一、藤井中將  一、名和中將  一、山下少將

一、成田少將  一、(気圧高マリ鼓マクヲ破ラル如キ感アリ)  一、小栗大佐 

一、井手大佐  一、松村中佐(純一)  一、松村大佐(龍)  

一、松村小佐(菊)(小生ノ兄ナリ)  一、船越大佐   一、成田綱太郎先生 

一、生田小金次先生

 

十二時三十分呼吸非常ニクルシイ

瓦素林ヲブローアウトセシ積リナレドモ ガソリンニヨウタ

 

一、中野大佐

 

十二時四十分ナリ

(下の写真は、遺書の最後の部分である)

 

|

« UH-60 ブラックホーク | トップページ | 第六潜水艇 佐久間勉艦長 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事