« 橋下知事「朝日新聞のような大人増えれば日本はだめになる」 | トップページ | べったら市 平成20年 »

下品な朝日新聞記者

物価高を実感? 首相がスーパー視察、夕食は帝国ホテル

Tky200810

http://www.asahi.com/politics/update/1019/TKY200810190137.html

 麻生首相が19日、東京都新宿区でスーパーを視察した。「物価の話とか品切れの話とか、値段が同じだけど量が減ったとか、現実にどうかなと関心があった」という。財閥一家で育っただけに、市井の暮らしを肌で感じたかったようだ。

 鮮魚や冷凍食品などを15分ほど見て回り、「最近バター品切れらしいけど、今日はあるね」「(実質的な値段が)3割上がったの?」。視察後は記者団に「パスタとかは値段は同じで量が減り、魚は値段がほとんど変わっていない。ものによって違う」。

 首相はこのあと、都内の帝国ホテルで秘書官と夕食をともにした。

TODAY1∞ なんとしてでも自民を貶めたい朝日新聞の、この書きかたは、もうゲス記者と呼ぶしかない。

総理が夕食を吉野屋で食ったら、どれくらい警備が必要になるのか分かっているのだろうか?

それより、きょうは、べったら市なんで、これからちょっとフライングして出店回りをするつもりだが、もしも総理が来たら大混乱になるだろう。

いちおう予定は、水餃子・牛ステーキ・ドネルケバブ・ザーサイ焼きそばを買うつもり

はあ楽しみだなあ

|

« 橋下知事「朝日新聞のような大人増えれば日本はだめになる」 | トップページ | べったら市 平成20年 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事