« エドヴァルド・グリーグ | トップページ | タトゥイーンの宇宙酒場へ »

タトゥイーンのカンティーナ(酒場) ひとり酒可

http://ja.starwars.wikia.com/wiki/%E3%83%A2%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%AA%E3%83%BC

カンティーナ(酒場)

290527a

この町がモス・アイズリーと呼ばれる以前、町の形成期に建てられたドームのある低い建物がカンティーナ(酒場)だ。

もともとはタスケン・レイダーの襲撃を逃れてきた移住者の避難所となるはすだったが、結局、タスケン・レイダーには襲われず、その後兵器塵としても活用されていた。

移民の定住地が大きくなるにつれて、兵器は移され、建物は売りに出された。

何十年の間に持ち主は変わり、多くの用途に利用され、最終的にカンティーナとなったのだ。

チャルマンのカンティーナ(酒場)・別名(伸幸)

290527b

    カンティーナの持ち主の中でも最も有名なのはウーキーのチャルマンである。
彼はグランのトリオをだまして酒場を手にすると、「チャルマンのカンティーナ」と名づけた。

チャルマンはめったに店には現れず、カーテンの奥の事務所にいるほうを好んだ。
たまに店に出てくると、しばしば用心棒と誤解されたものだ。

    このみすぼらしいカンティーナの薄暗がりは、モス・アイズリーの地下犯罪の象徴だ。うらぶれた酒場は犯罪の巣食う旧市街にあり、近くにはジャバ・ザ・ハットのタウンハウスがある。

チャルマンのカンティーナは腕のいいパイロットには最適の場所であり、世故に長けた者たちによく知られている。

このいかがわしい酒場に入る勇気さえあれば、余計な質問をされすに、タトゥイーンから他の惑星に行く宇宙船をチャーターできるという理想的な場所だ。

だが、一般にパイロットはあまり好感の持てる連中ではなく、ここは気軽に入れる場所ではない。

店の主人チャルマンはウーキーで、バーテンダーは無愛想な人間のウーハー。

この店の唯一のルールは「ドロイド禁止」と「プラスター禁止」だ。

290527c

290527d

|

« エドヴァルド・グリーグ | トップページ | タトゥイーンの宇宙酒場へ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事