« トロイカ体制 | トップページ | 運転免許を女性に与えてはならない »

ペレストロイカ体制

ペレストロイカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



ペレストロイカロシア語Перестройка〔ペレ-ストロイカ〕、ラテン文字転写:Perestroika)とは、1980年代後半からソビエト連邦で進められた政治体制の改革運動。ロシア語で「再構築(改革)」を意味する(“пере”〔ペレ〕は「再び」を意味する接頭辞、“стройка”〔ストロイカ〕は「構築」「建設」を意味する単語)。

ソビエト連邦共産党による一党独裁政権が続いたために腐敗が進んでいた政権を立て直すため、1985年に共産党書記長に就任したミハイル・ゴルバチョフが提唱・実践した。あわせて進められたグラスノスチ(情報公開)とともに、ソ連の政権を民主的な方向に改善していった。

しかし結果として、高まる民主化圧力により社会主義体制は破綻し、ソ連自体が解体することになった。現在では、共産圏の民主化を進めるとともに冷戦を終結させた政策として、主に旧ソ連以外の各国で高く評価されている。

英語圏の国では「リストラクチャリング」(restructuring)や「リコンストラクション」(reconstruction)と訳され、1980年代後半の英国サッチャー政権や米国レーガン政権で行われた行財政改革・産業構造の転換政策あるいは民間企業の組織再編成などを指して使われた。これは、日本で1990年代後半頃から使用されている「リストラ」の語源となった単語である。

TODAY1∞ トロイカ体制に対して、有名なペレストロイカ体制・・・つまり、ペレス・トロイカなのかと思ったら、ペレ・ストロイカらしい?

旧ソ連を崩壊させた原因となるも他の国では高く評価・・・トロイカ体制後のミンスの将来なのだろうか?

|

« トロイカ体制 | トップページ | 運転免許を女性に与えてはならない »

経済・政治・国際」カテゴリの記事