« 河上弁護士が東国原知事を痛烈非難 「地方分権だけで国政やっていけない」 | トップページ | やっぱり怪しい夜のグルメ・・私も怪しい »

膠原病(こうげんびょう) マイケル・ジャクソン

コタネマ・・ではなくコネタマで、故マイケルさんの病気について触れている貴重なブログを読んだ。

それほど大ファンでもない私はてっきり、白人へのあこがれから、肌を白くする手術でもしてんだろう、やっぱ金をかけても黒人ではなくて、白人へ近づきたいみたいな劣等感があったのか??

くらいにしか思っていなかったのだが、そういう病気を抱えて頑張っていたのかと知って涙する。

いや、ホントに知らなかった。 フィルターを通さない、ほんとうのマイケルを知るべし!!

↓ 勝手に宣伝しとこう!! コネタマには珍しい秀逸なブログ

勇気凛々さんのブログ

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-f40e-1.html

*

膠原病(こうげんびょう)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

膠原病(こうげんびょう)とは、疾患群の名称である。

全身のコラーゲン(膠)にフィブリノイド変性(病理組織学的に強い好酸性と屈折性を示す均一な構造物)が見られる一連の疾患群の総称として1942年に定義された。

のちに、コラーゲンの変性が病態の本質ではないことが明らかになり、膠原病という名称が不適切であるということで、結合組織病(けつごうそしきびょう)とも呼ばれるようになったが、日本では膠原病の名称で呼ばれることが多い。

体内の血液中の抗体が自己の細胞の核などと反応して免疫複合体を作り組織に沈着したり、全身の関節・血管・内臓などを攻撃することで発病すると考えられている。死亡に至る場合もある。

有効な治療法は見つかっておらず、現在の日本の最新医療技術をもってしても完全に治す事は不可能だと言われている。

ただ、ステロイドや消炎剤などを使用することにより炎症がある程度抑制され、日常生活に支障のない程度にコントロールすることは可能。

最近では漢方薬などを用いた治療法もあり、ステロイドだけでは制御できない症状に対する追加療法、および別の手段として取られる。

全身性エリテマトーデス


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

全身性エリテマトーデス(全身性紅斑性狼瘡、羅:Systemic lupus erythematosus; SLE)は、全身の臓器に原因不明の炎症が起こる、自己免疫疾患の一種である。膠原病の1つとして分類されている。

全身性は文字通り体中どこにでも症状が起こることを意味し、エリテマトーデスは紅斑(エリテマ)症を意味し、本疾患に特徴的に生じる皮疹に由来する。

英語の病名中にあるlupusはラテン語で狼の意であり、「狼に噛まれたような」と称されるSLEの皮膚症状より名づけられたものであるが、日本語と中国語で狼瘡と呼ばれる事はあるが、通常は訳されず、lupusの語はわずかに「CNSループス」「ループス腎炎」といった単語中で見られるのみである。

マイケル・ジャクソンの外観

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%AF%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%A4%96%E8%A6%B3

|

« 河上弁護士が東国原知事を痛烈非難 「地方分権だけで国政やっていけない」 | トップページ | やっぱり怪しい夜のグルメ・・私も怪しい »

心と体」カテゴリの記事