« 来年はトリニティの公演があるようだ | トップページ | メッセンジャー »

にら玉ベーコン炒め

会社の冷蔵庫にニラが3本残っているが・・・・

きょうの昼飯・・・・次郎長でカツ丼ラーメンセットを食って年越し蕎麦とするか・・・

3本のニラおニラを捨てずに使い切るか???

うーむ・・・・・昔懐かしい・・・・「一杯のかけそば」の気分の年の瀬だ!

http://cookpad.com/recipe/648740

インチキスパイシーネタの素

ある年の大晦日の晩、札幌の「北海亭」という蕎麦屋に子供を2人連れた貧相な女性が現れる。閉店間際だと店主が母子に告げるがどうしても蕎麦が食べたいと母親が言い、店主は仕方なく母子を店内に入れる。店内に入ると母親が「かけそば(具の一切ない、他には汁だけの蕎麦)を1杯頂きたい(3人で1杯食べる)」と言ったが主人は母子を思い、内緒で1.5人前の蕎麦を茹でた。そして母子は出された1杯(1杯半)のかけそばをおいしそうに分けあって食べた。この母子は事故で父親を亡くし、大晦日の日に父親の好きだった「北海亭」のかけそばを食べに来ることが年に一回だけの贅沢だったのだ。
翌年の大晦日も1杯、翌々年の大晦日は2杯、母子はかけそばを頼みにきた。「北海亭」の主人夫婦はいつしか、毎年大晦日にかけそばを注文する母子が来るのが楽しみになった。しかし、ある年から母子は来なくなってしまった。それでも主人夫婦は母子を待ち続け、そして十数年後のある日母とすっかり大きくなった息子2人が再び「北海亭」に現れる。子供達は就職してすっかり立派な大人となり、母子3人でかけそばを3杯頼んだ。

|

« 来年はトリニティの公演があるようだ | トップページ | メッセンジャー »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事