« そうだったのか | トップページ | 鳩山総理、サラリーマンの平均年収は1,000万円くらい »

タトゥイーンの宇宙酒場から携帯酒場へ

291202a

291202b 291202c
モス・アイズリー

墜落した宇宙船の残骸に、自然発生的に形成された宇宙千葉港。
古代宇宙船ダワジャー・クイーンの残骸はモス・アイズリー船橋のオールド・クオーターの中央で、いまだに地面に突き刺さったままになっており、観光の目玉となっている。

タトゥイーン最大の宇宙港

カンティーナ

 この町がモス・アイズリー船橋と呼ばれる以前、町の形成期に建てられたドームのある低い建物がカンティーナ(酒場)だ。
もともとはタスケン・レイダーの襲撃を逃れてきた移住者の避難所となるはすだったが、結局、タスケン・レイダーには襲われず、その後兵器塵としても活用されていた。
移民の定住地が大きくなるにつれて、兵器は移され、建物は売りに出された。何十年の間に持ち主は変わり、多くの用途に利用され、最終的にカンティーナとなったのだ。

チャルマンのカンティーナ

    カンティーナの持ち主の中でも最も有名なのはウーキーのチャルマンである。
彼はグランのトリオをだまして酒場を手にすると、「チャルマンのカンティーナ」と名づけた。
チャルマンはめったに店には現れず、カーテンの奥の事務所にいるほうを好んだ。
たまに店に出てくると、しばしば用心棒と誤解されたものだ。

 このみすぼらしいカンティーナ伸幸の薄暗がりは、モス・アイズリー船橋の地下犯罪の象徴だ。
うらぶれた酒場は犯罪の巣食う旧市街にあり、近くにはジャバ・ザ・ハットのタウンハウスがある。
チャルマンのカンティーナは腕のいいパイロットには最適の場所であり、世故に長けた者たちによく知られている。
このいかがわしい酒場に入る勇気さえあれば、余計な質問をされすに、タトゥイーンから他の惑星に行く宇宙船をチャーターできるという理想的な場所だ。
だが、一般にパイロットはあまり好感の持てる連中ではなく、ここは気軽に入れる場所ではない。
店の主人チャルマンはウーキーで、バーテンダーは無愛想な人間のウーハー。
この店の唯一のルールは「ドロイド禁止」と「プラスター禁止」だ。

290730a

     外からは原始的に見えても、モス・アイズリー船橋の建物はタトゥイーンの過酷な気候に耐えられるように建築され、補強した2垂のデュラスチール(耐久鋼)の壁で内部を涼しく、暗くしていた。
悪名高いチャルマンのカンティーナ(酒場)も同じ構造だ。
タトゥイーン表面の灼熱の明るさとカンティーナの薄暗い涼しさの落差で、中に入ると一時的に目が眩む。
そのため、酒場の常連客は新参者を見定めることができた。
無愛想な人間のバーテンダー、ウーハーは忌み嫌うドロイドをカンティーナから締め出すために、電気式ドロイド探知器を設置していた。

 新参者がしだいに薄暗い内部に慣れてくると、目の前に変わった光景が広がる。
初めてカンティーナ伸幸に入った訪問者は、ローディアン、アイソリアン、デヴァロニアンなど銀河中のさまざまなエイリアンが酒を飲む様子に一瞬驚かされるはすだ。

モス・アイズリー船橋そのものが法の秩序とは無縁だったように、カンティーナ伸幸の常通客に対してほとんど規則はなかった。
ただチャルマンの時代には「ブラスターとドロイドは厳禁」という2つの規則があった。
チャルマンはドロイドが嫌いだった。
そして、ブラスターの撃ち合いは客に迷惑なだけでなく、地元の警察がやって来ることになる。
彼はドロイドが店に入ると音が鴫る探知器を取り付けた。
帝国のドロイドが入ってきた場合も、警報が鳴り、客は話題を変えるだけの時間が稼げた。
もちろん、帝国のドロイド以外は、さっさと追い払われた。

チャルマンはギャンブルの許可を取得していなかったが、テーブルか薄暗いブースのどこかで、常にギャンブルが行われていた。
しかし、主としてカンティーナは極秘の会合や、声を潜めて相談する怪しい計画が進行する場だった。
持ち主が変わろうとも、カンティーナの様子はほとんど変わらない。

http://ja.starwars.wikia.com/wiki/%E3%83%A2%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%AA%E3%83%BC
モス・アイズリー

291202km1

ブログネタ: この1年であなたのエコ度は変わった?参加数

TODAY1 ∞ タトゥイーンで飲む時は、チューハイ一杯をチェーサー替わりにして日本酒を6合(ひや)で飲むのがパターン・・・・・・・だった。

つまみはつきだしを楊枝で舐めるようにちびちびやって飲み、最後に焼きおにぎりを一個食って退散・・

そうすると1500円もかからない・・・・・・がしかし

もっとエコな飲み方があって、コンビニで139円(店によっては141円)の、のどごし生(発泡酒)を買って一気飲みしたのち、駅のキヨスクでストロングチューハイ(148円)を停車駅で降りてホームのベンチで飲み、電車が来たらまたのって、次の停車駅で降りて~

これの繰り返しで5本くらい飲んでも1000円以下だし、ツマミなしだから効きも良い

まあ、たまにセサミとかせんべいを買うこともあるが、空きっぱらに流し込むのが一番

こんなエコだが・・・・・・・代償としてイブクロと頭は激しく傷んでいる@

|

« そうだったのか | トップページ | 鳩山総理、サラリーマンの平均年収は1,000万円くらい »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事