« 蓮舫議員も顔負け TV界で進む芸能人仕分け | トップページ | 市原市でバレエ はじめてのバレエレッスン »

ゴミが再燃 安田好弘 便所死

20100117kuzu

ゴミが再燃 

http://www.47news.jp/CN/201001/CN2010011701000461.html

石川議員の取り調べで申し入れ 弁護人、全面可視化など求め

 東京地検に政治資金規正法違反容疑で逮捕された衆院議員石川知裕容疑者(36)の弁護人、安田好弘、岩井信両弁護士は17日、石川容疑者に対する取り調べ全過程の録音・録画(全面可視化)などを求める申し入れ書を地検のほか、最高検や東京高検、法務省に送付した。

 安田弁護士らは「全面可視化が自白強要や冤罪を防ぐのに不可欠」とした上で、石川容疑者の任意聴取の段階で、検事が「容疑を認めないと帰さない」などと自白を強要したと主張している。

 申し入れ書では、全面可視化以外に(1)1日の取り調べ時間を計4時間以内(2)黙秘権の十分な尊重(3)弁護人接見の回数と時間の確保―などを求めている。

2010/01/17 18:52   【共同通信】

TODAY1 ∞ よりによって、なんでまたこんな弁護士に頼んでしまったのか??。 光死の母子殺人で悪名高い安田弁護士。

悪辣非道な弁護士のレッテルを貼られているが、それはマスコミが創り上げたモノで本人は立派な弁護士・・・・と弁護する弁護士が多いとよく言われるが・・・

その弁護する弁護士も????

まあ、いずれにせよ風評の悪い弁護士を付けたもんだなあ

↓R指定 グロ注意!!

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E7%94%B0%E5%A5%BD%E5%BC%98

差戻し審における安田弁護士の主張

  1. 母子殺害は計画的では無かった
    母親の殺害について
    被告人は思春期に母親の自殺を目撃しており、母親に甘えたい気持ちから被害者女性に抱きついたところ、大声を出されたので口をふさいだ。しかし手がずれ込んでしまい、首が締まり女性をに至らしめてしまった。これは今の日本の法律では傷害致死にあたる。犯行の際に水道屋の格好をしたのはままごと遊びの一環であり犯行に計画性はない。
    母親の屍姦について
    その後少年が母親の死体に性的行為を行った件については、相手がすでに死んだ後に行っているので強姦罪には当たらない。性行為は被害者の生命を救うための魔術的な儀式であり被告人は精子が人間を復活させると信じていた
    赤ん坊の殺害について
    赤ん坊を床に叩きつけたのは、本人の意図としては赤ん坊を泣き止ませる為。赤ん坊を泣き止ませようと、首にちょうちょ結びをした所、きつく締まり過ぎてしまい、赤ん坊は死んでしまった。これも傷害致死にあたる。
    被告人の責任能力について
    被告人は精神の発達が遅れており、その精神年齢は12歳程度である。

|

« 蓮舫議員も顔負け TV界で進む芸能人仕分け | トップページ | 市原市でバレエ はじめてのバレエレッスン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事