« 肉野菜炒めライス 「一番軒」 蘇我駅(川鉄側) | トップページ | 千葉県地方は、すんごい霧だ! »

フランキー堺さん

幕末太陽傳のフランキー堺さんしか思い浮かばない@、ほかの有名人は知らないし、興味もない!

ブログネタ: 幕末で活躍した人物の中で一番好きなのは誰?その理由は?参加数拍手

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

幕末太陽傳』(ばくまつたいようでん、幕末太陽伝とも表記)は、日活映画、川島雄三監督、フランキー堺主演により昭和32年(1957年7月14日に封切られた日本映画である。ストーリーはオリジナルだが、落語居残り佐平次』から主人公を拝借し、『品川心中』『三枚起請』『お見立て』などを随所に散りばめ、その落語世界を幕末の志士たちが駆け抜ける特異な世界を作り上げている。会社の看板スターを脇役扱いにしたことや、幻となったラストシーン(後述)など逸話も多く、50年前の時代劇映画であるにもかかわらず常に若い観客の熱狂的な支持を得るカルト映画でもあり、平成11年(1999年)にキネマ旬報が行った「オールタイムベスト100日本映画編」[1]では5位に入賞するなど、日本映画史上最高傑作の一つに挙げられる。

|

« 肉野菜炒めライス 「一番軒」 蘇我駅(川鉄側) | トップページ | 千葉県地方は、すんごい霧だ! »

映画・テレビ」カテゴリの記事