« 10円ビールで北海鍋(500円) | トップページ | 市原市には春一番 »

関東地方に春一番     か?

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

春一番(はるいちばん)は、例年2月から3月の半ば、立春から春分の間に、その年に初めて吹く南寄り(東南東から西南西)の強い。主に太平洋側で観測される。春一番が吹いた日は気温が上昇し、翌日は西高東低の冬型の気圧配置となり、寒さが戻ることが多い。

春一番の語は、もともと長崎県壱岐郡(現・壱岐市)の漁師の間で使われた[1]安政6年(1859年2月13日、同郡郷ノ浦町の漁民が出漁中、おりからの強風によって船が転覆し、53人の死者を出した。この事故以来、全国に広まった。この故事により、1987年(昭和62年)に郷ノ浦港近くの元居公園内に「春一番の塔」が建てられている。

|

« 10円ビールで北海鍋(500円) | トップページ | 市原市には春一番 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13237/33304584

この記事へのトラックバック一覧です: 関東地方に春一番     か?:

« 10円ビールで北海鍋(500円) | トップページ | 市原市には春一番 »