« 久々に二度読み返す正論 | トップページ | コネタマから解放される・・ホッ!!と一息 »

東京大空襲

250pxfirebombing_of_tokyo

300px19453102

毎年読み返すページ

一番恐ろしいのは機銃掃射

http://www5a.biglobe.ne.jp/~othibo/osorosii.html

5.目撃した空中戦

  米軍の最新鋭爆撃機ボーイングB29の姿を私たちが東京の空に初めて見たのは、確か昭和18年の初冬の頃だったと思います。澄みきった青空のものすごい上空を、白い飛行機雲を一直線に曳きながら、特徴のある微かな爆音を残してゆっくり進んで行く銀色の小さな機影を、異様な思いで眺めていたのを記憶しています。今でこそ飛行機雲は子供達でも知っていますし、いつでも見ることができますが、当時はほとんどの人が始めて見る光景ではなかったでしょうか。私には美しいとさえ思われたそのB29は、後の東京爆撃に備えて10,000メートルの上空からそのとき写真撮影を行っていたのです。このようなB29による偵察飛行はそれからたびたびありました。B29が地上と75度の角度のとき爆弾を落すと、その飛行機がちょうど頭の真上に来たときに爆弾が地上に落下する、だから敵の飛行機の進行方向が自分の方を向いてないときは安全だ、などと角度を右手で示しながら説明をする人の話が納得できるほど、まだまだ悠長な気分が漂っていました。
  その後まもない頃だと思います。当時の日米の航空技術の差は大きく開いていましたが、10,000メートルの上空を飛行している1機のB29に攻撃を加えている、米粒のような2機の日本の戦闘機との空中戦を目撃したことがあります。勿論、空襲警報下のことです。当時は空襲警報といっても1機か2機のB29の偵察飛行が多く、爆弾が落ちてくることもなく危険ではないので、誰もが首が痛くなるほど空を見上げていたものです。
  その時も白い飛行機雲を曳きながら直進しているB29めがけて、米粒のように小さく見える日本の戦闘機が接近しては攻撃し、また反転しては攻撃を繰返しています。しかしB29は進路も速度も変えず、ゆうゆうと飛んでいるのです。銃口からの閃光は見えず、音もぜんぜん聞えず、まるで無声映画でも見ているような、ほんとに手に汗を握る光景でした。B29からいつ煙が吹出すか、いつ墜落するかと誰もが息を呑んで待っていたはずです。
  その時です。米粒のうちの1機が突然急降下しはじめました。確か機体から煙は出ていなかったと思いますがよく覚えていません。ただ一直線に物凄い速さで落ちてくるのです。ほんの数秒間だったような気がします。みるみる機体は大きくなり、両翼の真赤な日の丸をくっきり見せたまま機影は屋根瓦の波の向うに消え、直後に真白な水煙が立ち昇るのをこの眼で見ました。
  その時は家から2・3キロしか離れていない荒川放水路に墜落したのが当然のように思っていましたが、よく考えるとどこへ墜落しても不思議ではないのに、よく町の中に落ちなかったものだと思わざるを得ません。その時、もし下町の密集した人家のなかに落ちていたら大惨事になっていたところです。おそらく操縦士は消えかかる意識の中で戦闘機を必死に操り、荒川放水路めがけて墜落して行ったのだと、私は確信しています。






http://maruho.world.coocan.jp/more2303.htm


静岡のK塚さんからのメール(3/12受信分)

      

静岡の空襲

      

      確かに東京大空襲は凄かったと思います、これは一点を集中的に攻撃された為で、私の田舎浜松近辺では規模は小さくても空襲は毎日有ったように思います。 

      

       私も機銃掃射を食らった覚えも有りますし、逃げ場の無い田んぼ・畑で沢山のお百姓さんがやられたのを見ています。一番の狙いは、浜松には、輸送の主体となる汽車を作る「こうきぶ」(今も新幹線作ってますが)が有ります。

      

       輸送を絶つには「天竜川」の様に大きな川=「橋」が有ります。浜松の航空自衛隊はご存知と思いますが、その他「浅羽」「そでうら」等飛行場が有ります。浜松で落とし残った爆弾は、機体を軽くする為とかで、磐田駅周辺に捨てます。

      

       駅近くの我が家周辺にも、(誤爆か?いいえ、爆弾は、風で飛行機の真下には落ちません!)防空壕のふたが吹っ飛んだり、爆弾の破片が家の中にぶっ刺さる。40メートル程先の家では防空壕の入口が埋まり生き埋め。

      

       3軒先の「薪屋」に焼夷弾が落とされた(台所)時はオレの親父が、「素手で」道へ・・・・そう、機銃掃射で沢山やられた時、病院内では無く、病院前・橋の上・麻酔なし・元軍医様が手当てしているのを・手当てを待つ沢山の人を・見た。

      

       東京大空襲だけが凄い訳じゃあありません。浜松・艦砲射撃も凄かったですよ。小さい時の事ですが、今でも覚えています。B29なんか、見なくても爆音でわかりましたね

      

ホンモノの爆弾は

      
        テレビ・映画・の爆弾は、破裂=人が大声上げて飛ばされる、近くに居た主役は、物陰に身を寄せカンイッパツ助かる。こんなふうですが。

         実際は、爆発した破片が、四方八方散らばります、破片は10~30センチ程度の大きさで、細長に砕け、カミソリみたいに良く切れ、カーブ・シュート・ドロップ・ブーメラン・見たいに飛び交います。

       

         助かる人も居たかも知れませんが、物陰に隠れても、カーブ・ブーメランにやられます。「空襲警報発令!」と共に防空壕に入り、顔は絶対出さず、破片を避けました。

       

         当時、破片の事を、別の呼び名で言っていたと思いますが・・・ナンセ昨日どころか今日食べた物さえ忘れる歳になりましてね。でも、爆弾穴を見たら今でも5トン爆弾か否かぐらい、わかるかも?ね。

       

機銃掃射は?

       
          機銃掃射ですが、今の飛行機で想像しないで下さい。おそらく保坂氏のVマックスより遅いかも?。反激されない田畑ではメチャクチャ低空で、操縦士の顔がハッキリ確認出来ました。墜落して来たら、竹槍で「ブッ殺す!」そう思いました。
       

 

      

             http://homepage2.nifty.com/shizuoka-heiwa/jyousetu/higai/higai-pic.html

      

             http://www.ann.hi-ho.ne.jp/keiemu/ikusa/191senso.html

      

             http://www2.wbs.ne.jp/~i-kazu/jugyo/shuzuoka%20kushu/kushu-1.htm

      

  瞑目合掌

東京大空襲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

東京大空襲(とうきょうだいくうしゅう、英語:Bombing of Tokyo in World War II)は、第二次世界大戦中にアメリカ軍により行われた、東京に対する焼夷弾を用いた一連の計画的かつ大規模な戦略爆撃の総称である。

東京は、1944年11月14日以降に106回の空爆を受けたが、特に1945年3月10日4月13日4月15日5月25日に大規模な空襲を受けた。通常「東京大空襲」と言った場合、特に規模が大きかった1945年3月10日に行われた空襲を指すことが多い。太平洋戦争大東亜戦争)中に行われた空襲の中でも、とりわけ民間人に被害を与えた空爆である。

|

« 久々に二度読み返す正論 | トップページ | コネタマから解放される・・ホッ!!と一息 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事