« トリプルカレー スカイラウンジ暁 (師弟食堂) | トップページ | 今年の選挙は名前を書く »

蓮舫氏入閣は「テレビ用大臣」=民主・渡部氏

蓮舫氏入閣は「テレビ用」=民主・渡部氏

 民主党の渡部恒三元衆院副議長は11日、TBSテレビの番組収録で、蓮舫参院議員が行政刷新担当相で入閣したことについて、「テレビの時代には、ああいう大臣が1人いることが国民の人気を取るのに大事だ。テレビ用大臣だ」と語った。
 また、渡部氏は「特定の業界や組織から頼まれて法律を定める、予算をつくる時代は終わった。終わったことを知らないものがちょっと威張っていた」と指摘、予算面などで自民党支持の業界団体などに圧力をかけた小沢一郎前幹事長を批判した。 

20100613rr
民主党の「黄門様」こと渡部恒三元衆院副議長(78)が11日、民放テレビの番組収録で、「事業仕分け」で脚光を浴び、菅内閣に行政刷新担当相として入閣した蓮舫氏(42)について、「テレビ用大臣」と口を滑らせた。渡部氏は直後に「名実ともに内閣の華だ」と言い直したが、もう手遅れだ。

 渡部氏は「テレビ時代には、ああいう大臣が1人いることが国民の人気をとるのに大事だ。テレビ用大臣だ」と発言。夏の参院選を念頭に、政策など閣僚の実務はそこそこに、ひたすらテレビ出演や街頭演説など“人寄せパンダ”として、無党派層の支持を獲得してほしいという願いが口をついて出たようだ。

 参院選改選組の蓮舫氏は元クラリオンガール。その後、持ち前の知性や鋭い舌鋒に着目したテレビ各局がニュースキャスターに起用し、テレビを通じて知名度が高まった。

 昨年の事業仕分けでは、次世代スーパーコンピューター開発の予算削減を決定。この際、「世界一になる理由は何があるんでしょうか?、2位じゃダメなんでしょうか?」との発言がテレビで何度も取り上げられた。

 蓮舫氏は行政刷新担当相の就任直後、自らのブログで「税金の浪費を徹底的に改めること、行財政制度を見直していくことが私の任務」と張り切っていたが、参院選改選組の議員からは、黄門様の“本音”に期待する声も少なくない。

 ちなみに参院選では、民主党比例代表で出馬する柔道女子の「ヤワラちゃん」こと谷亮子氏も「テレビ用候補」と“期待”されている。

与謝野氏 
「(新内閣の顔ぶれを見て)蓮舫さん以外は、いい顔ぶれだと思いますよ」

「蓮舫さんという人は本当に信用できない人だと思ってますよ」 「この人のやっぱり言動というのは一貫性もないし、人気とは別にこういう人が日本の政治やっていいのかなっていう気しますよ。あの、考え方を言ってるんですよ」 、 「やっぱりこれは、目立ちたい為にいろんな発言をするとか、そういうことが多くて、 蓮舫さんを評価する人の気が知れないですよ」 「蓮舫さんが猪口邦子さん相手に質問をされたことがあるんですよ。実に女の嫉妬心が出ている、 いやらしい質問であったと同時に大変失礼な」 「具体敵にですね結局、問題は『あんたなんか少子化担当大臣なんかやったって何もできないでしょ』 っていうトーンで、質問しているわけですよ。で、あなたは、障害児の話になったわけですよ。

『あなたは障害児を育てている親の気持ちなんて、まったくわからないような人ですから』って 言いやがった。これはとんでもない話なんですよ。猪口さんはじっと耐えて、答弁していましたよ。 だけど、その時に蓮舫さんの人間性と言うのを知ったんですよ。これはね、やっぱり言っちゃ いけないことなんですよ」

|

« トリプルカレー スカイラウンジ暁 (師弟食堂) | トップページ | 今年の選挙は名前を書く »

映画・テレビ」カテゴリの記事