« ハンバーグカレー大盛り ハンバーグの店ベア蔵前店 | トップページ | 源泉徴収票の見方 »

保安官のその後

真昼の決闘

一色保安官「後悔していない」 自宅で話す

産経新聞 12月22日(水)23時53分配信

 一色正春・元海上保安官は22日夜、神戸市の自宅で産経新聞の取材に応じ「今回のことは後悔していない。処分の内容を聞いたときは当然だと思った」と話した。停職12カ月の懲戒処分については「処分をもらったばかりだが、内容を聞いたときには当然だと思った」という。

 また、22日付で辞職願が受理されて依願退職となったことに対し「今後は仕事を探さなければならない。官舎を出て家も探す必要もあり、どういった方面の仕事をするか見当もつかない」などと淡々と語った。

 一色元保安官はこれまで「政治的主張や私利私欲に基づくものではない」とコメントしていたが、この日も「気持ちは変わっていない」。ただ詳しい理由は「簡単に説明できることではない」とも語った

|

« ハンバーグカレー大盛り ハンバーグの店ベア蔵前店 | トップページ | 源泉徴収票の見方 »

映画・テレビ」カテゴリの記事