« 地球防衛軍のテーマ がんばれニッポン | トップページ | 被災地で自衛隊の活躍に注目集まる(21日) »

何を言っても バカンナオト 可哀そう

首相、被災地を視察 放水部隊に「絶対負けない信念で」

・菅直人首相は2日、東京電力福島第1原発の事故対応の拠点である福島県内の
 「Jヴィレッジ」を訪問した。自衛隊や東電幹部らから作業の報告を受けた後、首相は
 屋外に整列する東京消防庁隊員や陸上自衛隊戦車部隊、放水冷却隊をそれぞれ
 激励した。放水部隊には「見えない敵との戦いだが、絶対に負けないという信念で
 戦っていただきたい」と呼びかけた。

 東電や協力会社の社員らには「大変な作業に感謝する。福島第1原発を何としても
 抑え込み、わが国が地震や津波も含めて打ち勝ったというところまで頑張らないと
 いけない」と語った。

 これに先立ち、首相は東日本大震災に伴う津波で壊滅的な被害を受けた岩手県
 陸前高田市を視察した。避難所では被災者から「仮設住宅に早く入りたい」と求められ、
 「場所をどうするか決め、できるだけ早くする」と答えた。赤いランドセルを見つけた
 首相は、昨年末に「伊達直人」を名乗る人物が全国の児童施設にランドセルを送った
 ことを引き合いに「何とか直人がくれたのかと思った」と冗談も飛ばした。

 首相は同日午後、帰京した。首相が被災地を訪れるのは大震災翌日の3月12日朝
 以来2回目。

|

« 地球防衛軍のテーマ がんばれニッポン | トップページ | 被災地で自衛隊の活躍に注目集まる(21日) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何を言っても バカンナオト 可哀そう:

« 地球防衛軍のテーマ がんばれニッポン | トップページ | 被災地で自衛隊の活躍に注目集まる(21日) »