« 田舎はだいたい何処も井戸水 | トップページ | 植物党を立ち上げます。管直人 »

うつ病を血液で診断 広島大、客観指標を発見

うつ病を血液で診断 広島大、客観指標を発見

Utu1

採血することで、うつ病を客観的に診断できる有力な新指標を発見したと広島大大学院医歯薬学総合研究科の山脇成人教授や森信繁准教授のグループが30日、発表した。成果は米科学誌プロスワン電子版に掲載された。

 神経細胞を成長させるタンパク質の一つ、脳由来神経栄養因子(BDNF)の遺伝子に起きる「メチル化」という化学反応の程度を調べる手法としては世界で初めてとしている。

 グループによると、うつ病は基準に沿って、気分の落ち込みや意欲低下の症状から問診などにより診断されており、明確な指標は未開発。

TODAY1∞ 最初読んだとき、血液型でわかるのかいな??と思ったが、そうではないようで、この研究は期待だな!!

|

« 田舎はだいたい何処も井戸水 | トップページ | 植物党を立ち上げます。管直人 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13237/41430124

この記事へのトラックバック一覧です: うつ病を血液で診断 広島大、客観指標を発見:

« 田舎はだいたい何処も井戸水 | トップページ | 植物党を立ち上げます。管直人 »