« 「報道のせいで…」 失言反省せず八つ当たり まるで政権末期 | トップページ | もも・皮ライス »

日本では相手にされなかったので・・・増谷キートンさん

http://keaton.laff.jp/blog/2011/09/post-d2a1.html

Maomane

増谷キートンが韓国で浅田真央のモノマネを披露し「大爆笑」=韓国

お笑い芸人の増谷キートンが、韓国KBS放送の特集番組『コメディ韓日戦』に出演し、浅田真央選手のモノマネを披露して大爆笑を受けたことが分かった。韓国の複数メディアが「完ぺき」「大爆笑」などと伝えた。

■浅田真央 - サーチナ・トピックス

  同番組はKBSが日韓両国コメディアンの交流の場を作ろうと企画した秋夕(日本のお盆)スペシャル特集。韓国からはお笑い番組『ギャグコンサート』の出演者たちが、日本からはペナルティの脇田寧人を団長に、増谷キートン、菅崎雅美とお笑いコンビのアホマイルド、コンマニセンチ、ハイキングウォーキングなどが出演した。

  報道によると、増谷キートンの「浅田真央パロディ」は持ちネタを披露する前のハーフタイムに行われた。観客の前で浅田選手がバンクーバー五輪のフリーで着用した衣装らしきものに着替え、回転時の表情や曲が始まる前のポーズやトリプルアクセルを「面白おかしくパロディ」し、大爆笑をとったとのこと。

  韓国メディアは関連映像のキャプチャ写真とともに「表情が浅田真央そっくり」「浅田真央を完ぺきにパロディ」「シンクロ率は100%」、「もっとも目立った」などと、増谷キートンのモノマネを評価。「大爆笑」「抱腹絶倒」と、大受けした様子を伝えた。

  増谷キートンは2010年9月にフジテレビの「とんねるずのみなさんのおかげでした」で浅田選手のモノマネをし、視聴者からの批判でブログが大炎上したことがある

|

« 「報道のせいで…」 失言反省せず八つ当たり まるで政権末期 | トップページ | もも・皮ライス »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13237/41668097

この記事へのトラックバック一覧です: 日本では相手にされなかったので・・・増谷キートンさん:

« 「報道のせいで…」 失言反省せず八つ当たり まるで政権末期 | トップページ | もも・皮ライス »