« 在京テレビ局6社からの申立により、放送事業者の権利侵害として削除されました。 | トップページ | 6+5×3=33 »

ネモハモないデマ

数学、物理得意だと高所得=「国語」と180万円差―大卒就業者1万人調査

文系、理系を合わせた大卒就業者約1万人(平均年齢43歳)の得意科目と平均所得(年収)の関係を調べると、数学が得意な人の所得が約620万円と最も高く、2番目は理科が得意な人の約608万円だったと、同志社大や京都大などの研究グループが20日発表した。数学が得意な人と国語が得意な人とでは、約183万円の差があった。

 理系の就業者約3200人では、理科4科目の中で物理が得意な人の所得が約681万円で最も高く、生物が得意な人が約549万円で最低だった。こうした傾向は世代を通じて共通していたが、学習指導要領が変わり、「ゆとり」や「個性」が強調されて学習内容が減るにつれ、理数が得意な人が減っていた。

 同志社大経済学部の八木匡教授らによると、数学や物理が得意な人の所得が高いのは、論理的な思考能力が仕事の役に立っているだけでなく、理数が得意な人が減少傾向にある中、労働市場での評価が相対的に高まっている可能性がある。 

|

« 在京テレビ局6社からの申立により、放送事業者の権利侵害として削除されました。 | トップページ | 6+5×3=33 »

心と体」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13237/42617451

この記事へのトラックバック一覧です: ネモハモないデマ:

« 在京テレビ局6社からの申立により、放送事業者の権利侵害として削除されました。 | トップページ | 6+5×3=33 »