« 自転車は車道 | トップページ | トルコに緊急援助=政府 3,000万円 »

原子力の日

会社の日めくりカレンダーみたら、きょうは天理教秋季大祭・・とそして、原子力の日・・なそうな。友引 大潮 なんだか遠い昔のことのように思えてきた。決して忘れることはないのだが・・・

Gennsi

日本の「原子力の日」は毎年10月26日で以下に示す出来事を記念するために1964年7月31日に閣議決定によって制定された[1][2]。

    1956年10月26日 - 日本が国際連合の専門機関の一つである国際原子力機関へ参加した。
    1963年10月26日 - 茨城県東海村の日本原子力研究所の動力試験炉(JPDR Japan Power Demonstration Reactor)が日本で初めての原子力発電に成功した。

毎年この日には、原子力に関係する機関や企業等で記念行事が行われている。

JPDRは、1976年3月18日に運転を終了し、1986年から1996年3月31日にかけて解体工事が行われ、設置場所は更地になった。これは日本ではじめての原子炉解体工事である。

JPDRの実績を元に日本でも商用の原子力発電の導入が決定し、実績が豊富な英国の技術が採用され、富士電機を受け入れ主体として東海村に原子炉の建設が始められた。その後完成した原子炉による日本で最初の商用原子炉による発電は1966年7月25日に日本原子力発電株式会社東海発電所によって行われた。しかしながらこれに続く発電炉は米国の軽水炉が導入されることになり、英国製原子炉の導入はこれ一基のみとなった。この原子炉は1998年3月31日に運転を終了し、現在は解体工事中である

|

« 自転車は車道 | トップページ | トルコに緊急援助=政府 3,000万円 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13237/42686935

この記事へのトラックバック一覧です: 原子力の日:

« 自転車は車道 | トップページ | トルコに緊急援助=政府 3,000万円 »