« かにとほうれん草の卵炒め | トップページ | ヨーグルトの水を抜くと・・・ »

君が代で起立か、辞めるか…ついに入院・君が代のストレスで動脈8箇所出血…橋下氏の独裁教育条例、ナチス彷彿

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-11-20/2011112001_06_0.html
きょうの潮流

Niki

「男なら男らしくしろ」「女房、子どもを泣かすのか」。東京のある教師は、卒業式の「君が代」斉唱時に立てと強いる校長から、何度も脅されました

Kokuzoku


▼胸中をかけ巡る怒り、無力感。ついに起き上がれなくなって入院しますが、医師にも迫られます。起立するか。辞めるか。相談にかけこんだ先が、精神科医の野田正彰さんです。野田さんのもとに、同様の相談が相次ぎました
▼「君が代」の伴奏を強いられた音楽教師は、ストレスのあまり胃から出血し緊急入院。動脈の8カ所で止血を施すほどの重症でした。良心の自由と強制の間で苦しむ心の危機を、「君が代症候群」とよぶ野田さん。大阪の教育基本条例案に反対するアピールの、よびかけ人でもあります
▼条例案は、橋下知事が求める「独裁」の教育版です。翻訳家の池田香代子さんは当初、条例案を「ばかばかしい」とみなしていたそうです。が、心のどこかにおりのようにひっかかる。とある機会に全文を読み、正体を知ります
▼条例の7割を「問題教師」の排除に割く。上意下達と監視の義務づけ。首長や議会は民意の代表だからと、政治が教育に乗り出す…。ドイツとかかわりの深い池田さんは、省みます。かつて多くの人が“あんなばかばかしい連中が政権などとれるはずがない”と高をくくり、ナチスの政権とりを助けた。同じく自分も条例案を軽くみていた、と
▼昨年春から、橋下流のやり方を「ハシズム」とよんでいた池田さん。もちろん、アピールのよびかけ人です。

|

« かにとほうれん草の卵炒め | トップページ | ヨーグルトの水を抜くと・・・ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 君が代で起立か、辞めるか…ついに入院・君が代のストレスで動脈8箇所出血…橋下氏の独裁教育条例、ナチス彷彿:

« かにとほうれん草の卵炒め | トップページ | ヨーグルトの水を抜くと・・・ »