« 星の王子さま | トップページ | カップヌードルごはん 増量 »

明治は遠くなりにけり・・・・ちょうちん記事

http://news.livedoor.com/article/detail/6204129/

「どこまでも謙虚な明大卒が会社で人気」と週刊現代

週刊現代(講談社刊)2012年1月21日号の記事「明治大学を卒業した学生は謙虚で、会社で人気」がネット掲示板で話題になっている。
明治大学といえば“バンカラ系”のイメージが強いが、2004年の情報コミュニケーション学部、2008年の国際日本学部の新設で女子学生の比率が増えたこともあり、そのイメージは一変、“華やか”なものとなっている。
しかし、同記事によれば「(明治大学の)伝統の愚直さは、社会に出ても生き残って」おり、「謙虚な学生が多い」としている。明大卒の学生が謙虚である理由として“挫折力”を指摘。明大にはいわゆる“早稲田落ち”で挫折を経験した学生が多く、その挫折が攻めの姿勢を生み出すエネルギーになっているという。それに加え、会社に入っても“二流大卒”という立場をわきまえ、学歴を鼻にかけない“部下としての使いやすさ”が会社で人気を集める理由だとしている。
しかし、ネット掲示板には「そんなことはない。 堪え性が無く、よく辞めて行くのが明治」「雇う側からしたら反論しないしつけがちゃんとできるペットみたいなのがいいんだろうけど、そういうのって頭悪いやつがなると思う」「明治が謙虚って違和感あるな。 むしろ中小企業のトップってイメージだったと思うが」など、反論が相次いだ。
ちなみに、同記事では「上司としての明大卒の評価」として「決断できない」「一匹狼で派閥に入らないから出世しない」と指摘している。明大卒人気はあくまでも部下としての“使いやすさ”に限られるのだろうか?

|

« 星の王子さま | トップページ | カップヌードルごはん 増量 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13237/43801409

この記事へのトラックバック一覧です: 明治は遠くなりにけり・・・・ちょうちん記事:

« 星の王子さま | トップページ | カップヌードルごはん 増量 »