« 回る銀輪 | トップページ | まるで人面疽だった »

地元の話題 

http://www.chibanippo.co.jp/c/news/national/89353

市補助金イベント中止 前理事長不祥事で除名も 市原JC主催
市原市で来月予定されていた青少年育成イベント「いちはら100km徒歩の旅」が、主催する市原青年会議所(市原JC)の男性前理事長(38)の不祥事が原因で中止に追い込まれたことが4日、分かった。イベントは同市の補助金が毎年支出され、今年の参加者募集も終わっていた。前理事長は引責辞任と退会を申し出たものの、市原JC側は受理せず除名する厳しい措置を取った。

 「徒歩の旅」は2006年にスタート。市内の小学4~6年生約60~100人が5日間で100キロを歩くイベントで、青少年の健全育成とともに、協力するボランティアの養成も目標とする。

 関係者によると先月、前理事長と女性ボランティアとの“私的な交友”が発覚。同イベントはその性格上「主催者とボランティアが会うことはもちろん、私的なメール交換さえ禁じられている」(関係者)。

 疑惑は全国組織側にも伝わった。前理事長らは現地へ赴き事情を説明したが、全国組織からの「除名」とともに、今年のイベント中止や類似イベント開催の厳禁を言い渡されたという。

http://www.ichihara-jc621.or.jp/?page_id=2100

|

« 回る銀輪 | トップページ | まるで人面疽だった »

市原市」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13237/46271174

この記事へのトラックバック一覧です: 地元の話題 :

« 回る銀輪 | トップページ | まるで人面疽だった »