« 小湊鉄道 イルミネーション列車 | トップページ | ガリガリ君リッチ あずき大福 »

日刊ゲンダイを読むバカ

http://gendai.net/articles/view/syakai/140135

何から何までコイツのせい…

 

Genndai

Wwwdotuporg3739542

第三極を潰し 自民を勝たせた“功労者”石原慎太郎の役割と正体


<許していいのか 一家で3つの議員バッジ>

 自民の圧勝は、第三極が分裂し、票を食い合ったことが大きな要因だ。
「選挙区での自民党の得票率を見ると、大体3割程度です。それでも相手が分裂していれば勝てる。結果、巨大与党が誕生してしまった。第三極がひとつにまと まっていれば、自民党がここまで圧勝することはなかったでしょう。石原氏がシャシャリ出てこなければ、橋下氏がみんなの党や未来の党と政策協議し、最後は まとまっていたのではないか。既成政党VS.第三極で拮抗する勝負になった可能性があります」(五十嵐仁氏)

 石原がいきなりシャシャリ出てきたことで、すべてが狂ったのだ。選挙前は「単独過半数に迫る勢い」とまでいわれた維新が54議席にとどまったのも、石原と組んだことが原因だ。維新から立候補して敗れた前議員が言う。
「石原さんと組んだのは誤算でした。政策的に相いれない旧太陽の党と一緒になったことで維新は自己矛盾を抱え、急激に失速してしまった。野合批判も受けま した。東京でも思ったほど議席を獲得できず、石原人気は幻だということも分かった。政策本位の改革勢力という看板を捨てなければ、もっと国民の支持を得ら れたと思います」

 結果として、石原は第三極の勢いを潰し、自民党を圧勝させた“功労者”と言える。前出の五十嵐仁氏もこう言う。
「石原さんは、憲法を改正したいだけの人。尖閣問題を利用して世論を右寄りに引っ張ろうとしたが、民主党政権が国有化して、道具を取り上げられてしまっ た。で、選挙で自民党を勝たせる側に回ったのです。タカ派政権に便乗して憲法改正に手をつけようと考えた。あわよくば、自分が首相にという欲もあったかも しれない。タカ派の安倍政権誕生は、石原さんにとっては狙い通りの展開でしょう」

 自民党のバカ息子2人も当選し、この選挙で石原家は3人がバッジを手にした。護憲勢力は壊滅状態。石原の高笑いが聞こえてくるようで、鳥肌が立ってくる。   

|

« 小湊鉄道 イルミネーション列車 | トップページ | ガリガリ君リッチ あずき大福 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日刊ゲンダイを読むバカ:

« 小湊鉄道 イルミネーション列車 | トップページ | ガリガリ君リッチ あずき大福 »