« たった4人の反対で | トップページ | ON THE TABLE / OFF THE TABLE/negotiable »

正論 2005年 11月号

正論 2005年 11月号 

引揚民間人を襲った 朝 鮮 保 安 隊 の略奪・暴行・殺戮の嵐 
(一部抜粋) 
「満州や北朝鮮からの初期の脱出者は悲惨で、 
 今も念頭を去らないいくつかのエピソードがある。 
 北朝鮮で農業を営んでいた老夫婦は、年頃の娘二人を連れ、 
 辛苦のすえやっと38度線近くの鉄原にたどりついた。 
 そこで見たものは、日本人の娘達が次々にまずソ連兵に犯され、 
 ついで 朝 鮮 人 の 保 安 隊 に引き渡されてさらに散々に辱められたうえ、 
 虐殺されている光景であった。 
         (中略) 
「吉州や端川の海岸線にでた人たちに対する 
 ソ連兵や朝鮮保安隊の略奪と暴行は、残酷をきわめた。 
 夜中に雨戸を蹴破って侵入してきたソ連兵は、17になる娘を父親からひったくるように連行。 
 娘は明け方になり無残な姿で、涙もかれはてて幽鬼のごとく帰ってきたという。 
 みなソ連兵を 朝 鮮 人 が案内したのだった。 
 部落ごとの保安隊の関所では、厳重な身体検査が行われ、金や着物や米などが取り上げられた。 
 靴の底や、女の髪のなかから金を探し出すのはふつう。 
 一糸まとわぬ姿にされ、取調べられた若い女性もあった。 
 城津での惨状は言語に絶した。(中略) 朝 鮮 人 の 男女が数十人の団体でおしかけ、 
 干してある洗濯物から赤児の着物まで剥ぎ取って掠奪され、 
 あげくは婦人の“提供”を要求されたという」 
     博多港から車で40分ほどの二日市温泉郷につくられたのが、「二日市保養所」である。 
強姦によって妊娠させられた女性たちには、堕胎手術が施された。 
また、性病に感染した女性たちにについても、匿って回復するまで治療が行われた 

関連動画
終戦から62年 日韓それぞれの引揚げ01 
http://jp.youtube.com/watch?v=bDjPZXw0yHg 
終戦から62年 日韓それぞれの引揚げ02 
http://jp.youtube.com/watch?v=aXPoy_5OFxY&feature=related 

レイプじゃないけど意外と知られていないのが、サハリンの残留婦人。 
終戦と同時に朝鮮人の乱暴が始まり、十代から二十代の 
日本女性が無理矢理嫁にされて、10人からの子供を 
産まされている。 
子供がいるために日本へは帰れない。 
それを左翼婆は、日本人が朝鮮人を差別していた事で 
戦後に鬱憤が爆発してそういった行動に出たと説明してた。 
おい!不満があったら何しても許されるのかよ。 

事実を知れ 

「在日と結婚し北に行った日本人妻」はほとんどが好きこのんで在日と結婚 
したのでは無いよ。朝鮮進駐軍と名乗って在日が暴れ回っていた頃に結婚し 
てる人がほとんど。なぜか? 在日が日本人女性を当時多く強姦してたから。 
妊娠してしまい、親との縁を切られた人も結構いた。そういう人たちを奴ら 
が嫁(事実上の奴隷)にしたんだよ。朝鮮人が日本人女性を嫁にする=征服、 
という価値観が彼らにあったんだよ。 
という書きこがあった。 

自分はこの話しを信じる。なぜなら樺太に残留した日本人女性を支援する活動 
をしているという女性が、NHKのラジオで同じようなことを話ていたからだ。 

樺太に残留した日本人女性を支援する活動をしているという女性が、NHKのラジ 
オで話ていた。 樺太に残留した日本女性は、ほとんどが終戦後レイプや脅迫によ 
って朝鮮人の妻にさせられた女性です。脅迫というのは、自分と結婚しないと、ソ 
連当局に密告して家族全員を収容所送りにしてやる、というような脅しだったらしい。 
終戦から2年後ぐらい後に日本の船が日本人を迎えに行ったときは、すでに妊娠 
していたため帰るのをあきらめたという。 

「サハリンの韓国人はなぜ帰れなかったのか―帰還運動にかけたある夫婦の四十年」新井 佐和子 (著) 
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4794207980/ii-22/249-3887511-5097148

如何なる名乗りであらうと、朝鮮人は大暴れしました はっきり申しますが、高齢の 
邦人女性が朝鮮人と結婚したのは全て強姦されたものと思って先づ間違ひ無く、だ 
から誰もなれそめなどに触れません 

 最も大々的に行はれた犯罪行為は、空襲で焼け野が原になった空地の不法占拠 
です 余りにも頻發するので、わざわざ刑法改正して「不動産侵奪罪」を新設したくら 
いです 現在駅前一等地で朝鮮人が営業してるパチンコ屋、焼肉屋は斯る來歴のも 
のです 

 

終戦後の第三國人どもは本當に酷かった 軍の兵器を盗んで來たらしく、三八式歩兵銃や 
南部式拳銃で武装し、小銃には着剣して強盗強姦傷害恐喝脅迫不動産窃盗、時には殺人 
まで、経済犯、實力犯を中心にあらゆる悪事を重ねてゐた  

土地も屋敷も物資も操も、奪ひ放題であった 闇、賭博、傷害、強盗事件が多く、殊には、 
空襲や疎開で一時的に空いてゐる土地が片端から強奪された 今、朝鮮人が駅前の一等地 
でパチンコ屋や焼肉屋を営業してゐるのは、皆、あの時奪った罹災者の土地だ  

彼らは闇市を掌握して巨大な利益をあげ、徒党を組んでは瓦礫と焦土の神戸の街を闊歩して 
いた。通りすがりの通行人の目つきが気に入らぬといっては難くせをつけ、無銭飲食をし、 
白昼の路上で婦女子にいたずらをする。善良な市民は恐怖のドン底に叩き込まれた。

金素雲も嘆く在日朝鮮人の横暴 

日本人はなぜ朝鮮人が嫌いか、差別されるには朝鮮人の方にもそれなりの原因 
がある、という筆者の論は決して間違っていないと思ふ。例えばあの有名な朝鮮 
人詩人の金素雲氏は、その自伝の中で次のように書いている。 

日本人所有の家を借りたなら、家賃は一切払わなくてもよいというのが、その当時 
(昭和の初期―筆者注)同胞の間では常識化していた風習だった。 

「お前らは国まで盗んでいったじゃないか。家賃ぐらい何だ!」――こちらにはこ 
んな腹があったが、引っかけられた日本人の側では恨み骨髄にならざるを得な 
かった。家賃をもらうどころか5,6ヵ月分の家賃に当たる金を<立退料>という 
名目で払わなければならなかった。こんなとき、その仲介の役割を果たすのが、 
いうなれば叔父の職分だった。(同胞が集団居住する町には、こんなブローカー 
が必ず何人かいた) 

1,2年ただで住んでは<立退料>をせしめて家を空けてやることもあったが、時 
には引っ越した次の日に大家から立退料を取ってまた引っ越していく、そんな場 
合もあった。 その立退料の半分ぐらいにあたる金が叔父のようなブローカーの 
懐に入ってくる。もちろんこれは4,50年前の昔話ではあるが、こんなやり口が 
その後長い間い年月を通じて、大多数の日本人の生活感情の底に<チョーセン 
ジン>を敬遠し蔑視する後遺症の種となったことも事実である。 

               中村 粲   文武新論 平成5年7月10日 

田岡一雄山口組組長の回顧録「山口組三代目 田岡一雄自伝」より転載 

一瞬、ぎくりと立ちどまり、悲鳴のあがる方角に走った。途中で四、五歳の女 
の子が泣きながら夢中で駆け寄ってきた。 
「どないしたんや」 
「おかあちゃんが、おかあちゃんが」 
少女は私に泣きじゃくりながらしがみつく。この世のものとは思えぬ女の狂気 
じみた悲鳴がきこえつづけていた。 
「ここにいるんやで。ええな」 
私は少女をその場において一目散に走った。少女の母親は木立の中で数人の男 
に犯されていた。飛行服の男たちだった・・・ 
                 (中略) 
通りすがりの通行人の目つきが気に食わないといっては難くせをつけ、無銭飲 
食をし、白昼の路上で集団で婦女子にいたずらをする。善良な市民は恐怖のど 
ん底に叩き込まれた。こういった不良分子(朝鮮人)は旧陸海軍の飛行服を好 
んで身につけていた。袖に腕章をつけ、半長靴をはき、純白の絹のマフラーを 
首に巻きつけ、肩で風を切って町をのし歩いた。腰には拳銃をさげ、白い包帯 
を巻きつけた鉄パイプの凶器を引っさげたかれらの略奪、暴行には目にあまる 
ものがあった。警官が駆けつけてきても手も足も出ない。「俺たちは戦勝国民 
だ。敗戦国の日本人が何をいうか」警官は小突き回され、サーベルはヘシ曲げ 
られ、街は暴漢の跳梁に無警察状態だ。 

「田岡組長が神戸の静かな住宅街を歩いていると、小さな子供が一人で歩いてきた。 
不審に思ってその子供に問いかけるとこどもは向こうの方を指差した。 
そこには、その子供の若い母親が三人の朝鮮人に強姦 されていた。 
田岡組長が助に行くとその朝鮮人が向かって来たが、 
二人の眼球をえぐると一人は腰を抜かして逃げていった。 
しかし、その若い母親は気が狂っていた。上品な顔立ちの美しい女性だった」 

山口組三代目 飯干晃一 著 より 

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/history/1284171137/

|

« たった4人の反対で | トップページ | ON THE TABLE / OFF THE TABLE/negotiable »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13237/49556170

この記事へのトラックバック一覧です: 正論 2005年 11月号 :

« たった4人の反対で | トップページ | ON THE TABLE / OFF THE TABLE/negotiable »