« チキチキ醤油麹 | トップページ | 夏が来たな »

鰯焼きそば

T1T9
T10

笹川の花会
利根の川風袂に入れて、月に棹さす高瀬舟、ひとめ関の戸叩くは川の水に、せかるる杭など(水鶏鳥・くいなどり)に恋の八月大利根月夜、佐原囃子(さわらばやし)の音も冴え渡り、葭の葉末(よしのはずえ)に露おく頃は、飛ぶや、蛍のそこかしこ、潮来(いたこ)あやめのなつかしさ、私しゃ九十九里荒浜育ち、と言うて鰯(いわし)の子ではない。義理にゃ強いが情けにゃ弱い、されば天保十二年、抜けば玉散る長脇差、赤い血しぶき、しとどに浴びて、飯岡・笹川両身内(りょうみうち)、名代(なだい)なりける大喧嘩、伝え伝えし水滸伝。

|

« チキチキ醤油麹 | トップページ | 夏が来たな »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13237/51651739

この記事へのトラックバック一覧です: 鰯焼きそば:

« チキチキ醤油麹 | トップページ | 夏が来たな »