« 変わり果てたマドンナ | トップページ | ヤキが回ったか? »

旭日旗

韓国のコミュニティーサイト「イルベドットコム」の掲示板に「今日もやっぱり登場した戦犯旗」とのスレッドが立てられたところ、韓国人ネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。 

スレ主は、サッカー日本代表が埼玉スタジアムで4日、オーストラリアと行った2014年ブラジルW杯アジア地区最終予選B組第7戦で、日本のサポーターが旭日旗で応援している動画を紹介した。 
試合は後半ロスタイムで本田圭佑(CSKAモスクワ)の劇的なペナルティキックゴールにより、1-1で引き分けた。 
これにより、日本は4勝2分け1敗で勝ち点14点を獲得し、2位以内が確定。5大会連続の本大会出場を決めた。 

韓国のネットユーザーからは「歴史を学べ」、「なぜこのようなことをするのか」、「侵略の歴史を美化し、教育している」、「竹島(プラカード掲示問題)の時はあれほど文句を言ったのに」と、 
日本のサポーターが掲げた旭日旗を批判する意見が並んだ。 
また「日本より、ドイツの方がマシ」、「旭日旗はハーケンクロイツと同じ」などと、日本とドイツを比べるコメントも見られた。 

一方で、「何が真実なのか本当に気になる。旭日旗が本当に戦犯旗かどうか、日本人の主張も信じられないし、韓国人の主張も信じられない。 
信じられるのは日本と戦いながら、反日感情のない第三者の米国の立場だが、軍事作戦の時に海軍の旗として認めているのを見ると、もしかして戦犯旗ではないのかも知れない」といった冷静な意見もあった。 

日本の旭日旗は、やはり韓国人から注目を集める存在のようだ。(編集担当:李信恵・山口幸治) 

|

« 変わり果てたマドンナ | トップページ | ヤキが回ったか? »

スポーツ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13237/51920862

この記事へのトラックバック一覧です: 旭日旗:

« 変わり果てたマドンナ | トップページ | ヤキが回ったか? »