« 長崎物語 チャンポンと皿うどん | トップページ | 長崎 皿うどん 2人前の具 »

外来語多すぎて苦痛 岐阜の男性がNHK提訴

外来語多すぎて苦痛 岐阜の男性がNHK提訴

2013年6月25日 20時02分

 テレビ番組で理解できない外来語が多すぎて精神的苦痛を負ったとして、岐阜県可児市の元公務員で、「日本語を大切にする会」世話人の高橋鵬二さん(71)が25日、NHKに対し141万円の慰謝料を求める訴えを名古屋地裁に起こした。

 訴状などによると、高橋さんはNHKと受信契約を結び、番組を視聴しているが、必要がない場合でも外来語が乱用されていると主張。例として「リスク」「ケア」「トラブル」「コンシェルジュ」などを挙げ、「外国語の乱用に不快感を抱く者に不必要な精神的苦痛を与える」として、民法709条の不法行為に当たるとしている。

 高橋さんは「若い世代は分かるかもしれないが、年配者は、アスリートとかコンプライアンスとか言われても分からない。質問状を出したが回答がないので、やむなく提訴に踏み切った」と説明した。原告代理人の宮田陸奥男弁護士は、「外来語の乱用は全ての報道機関に言えることだが、NHKは特に公共性が強く影響力がある。日本文化の在り方を社会に広く考えてほしいという趣旨もある」と述べた。

 NHK名古屋放送局は「訴状の内容を把握しておらずコメントできない」としている。

(中日新聞)

|

« 長崎物語 チャンポンと皿うどん | トップページ | 長崎 皿うどん 2人前の具 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13237/52178686

この記事へのトラックバック一覧です: 外来語多すぎて苦痛 岐阜の男性がNHK提訴:

« 長崎物語 チャンポンと皿うどん | トップページ | 長崎 皿うどん 2人前の具 »