« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

非常識写真、相次ぐツイッター投稿 ウケ狙い過激化 稚拙な悪ふざけ

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130825/crm13082509050001-n1.htm

非常識写真、相次ぐツイッター投稿 ウケ狙い過激化 稚拙な悪ふざけ

 アイスクリームの冷凍ケースに入り、ピザ生地で顔面を覆う-。コンビニエンスストアや飲食店のアルバイト従業員によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)への非常識写真の投稿が止まらない。アルバイトに損害賠償請求を検討する動きも出てきた。投稿者自身も勤務先を解雇され、インターネット上で個人情報が丸裸に。なぜ、代償に気づかないまま「悪ふざけ」に走るのか。(松岡朋枝)
バックヤード系

 「ニュースを見ていなかったので、ツイッターの投稿が騒動になっていることは知らなかった」

 今月18日にピザ生地で顔を覆った写真をツイッターに投稿し、《ピザって息できないんだな》とつぶやいた宅配ピザ店の男性アルバイトは、運営会社の事情聴取にこう答えた。

 男性が写真を投稿する1カ月前の7月15日。コンビニ大手「ローソン」が、男性アルバイトが店内のアイスクリームの冷凍ケースに入った写真をフェイスブックに公開されたことを公表し、謝罪した。問題のあった店は同日休業した。

 《今日暑くね?》と店の冷蔵庫に入った男性や、冷凍ソーセージをくわえてウインクする女性。厨房(ちゅうぼう)などで撮影されたこうした写真は「バックヤード(売り場の裏側)系」と呼ばれ、ローソンの公表が呼び水となり、相次いで発覚した。

 これらの画像の半数は、ローソン公表前に投稿されていたのを、ネット利用者が“発掘”したものだが、騒動後に投稿されたケースもある。ネット上には「なぜ学習しない?」との指摘が相次いだ。

迷惑意識はなし

 「内輪で盛り上がっているだけで周囲に迷惑をかけている意識がない。『どうして非難されるの?』という気持ちなのだろう」。博報堂生活総合研究所の酒井崇匡(たかまさ)主任研究員(31)は若者の心境を分析する。

 酒井氏によると、若年層はネット上でも現実の関係を求める傾向が強く、ツイッターで小人数のグループを作る。そして、「沈黙を嫌い、会話を途切れさせないためにそれぞれが『何かおもしろいこと(ネタ)』を提供する。自分たちでネタを作って笑い合う閉じたコミュニケーション」に没頭し、周囲への影響に気がつかないまま、ウケ狙いの過激な投稿に走るようだ。

 しかも、ニュース情報などを元に不特定多数が意見を交わす「2ちゃんねる」などのメーンユーザーである30代後半から40代と対照的に、若年層はネット活用能力が稚拙だ。

 こうして投稿された非常識写真を、2ちゃんねる利用者らがたちどころに発見、「特定班」と呼ばれる人が、画像を手がかりに投稿者を特定し、店舗に報告。ネット上には投稿者の名前が拡散する。ある男性アルバイトは事態発覚後、運営会社にこう話した。「まさか、名前まで特定されると思わなかった」

「新たなリスク」

 企業側は新たな動きを起こしている。SNSのリスク管理に詳しいニューメディアリスク協会(東京都)にはローソンの公表直後から、アルバイトのSNS利用をめぐる企業の相談が急増。協会事務局の栗山知之さん(25)は「企業が新しいリスクとして認識し始めた」と指摘する。

 問題化する投稿の大半は食品にからむ。「食の安心・安全」の意識を強める消費者がこうした行為に嫌悪感を募らせていることもあり、企業がイメージダウンを余儀なくされれば、「悪ふざけ」では片付けられない。職場への携帯電話持ち込みを禁じたり、監視カメラの設置を検討したりする企業も出てきた。

 現実的には個人利用のツイッターを全面禁止するのは難しく、外食チェーンの担当者は「非常識な行為をしないというモラルの問題に立ち返り、周知徹底するしかない」と話した。

| | トラックバック (0)

胡散霧散

「はだしのゲン」はどんな本か
2013.8.21 21:03 (1/2ページ)[教育]
 米国による原爆投下後の広島を生きる少年を描いた漫画「はだしのゲン」(中沢啓治著)が物議をかもしている。松江市教育委員会が市内の公立小中学校に、倉庫などにしまって図書館で自由に読めなくする「閉架」措置をとるよう指示したのがきっかけだ。

 この作品の残虐表現について「発達段階の子供に適切かどうか疑問」と判断した市教委に対し、いくつかの新聞が社説で取り上げ批判する事態になっている。例えばこんな論調である。

 「閲覧制限はすぐ撤回を」(20日付朝日新聞)

 「戦争知る貴重な作品だ」(同日付毎日新聞)

 「彼に平和を教わった」(21日付東京新聞)

 どれも「ゲン」を高く評価した上で、市教委の指示に関しては「子どもたちの(原爆に関心を持つ)そうした出会いを奪いかねない」(朝日)、「子供たちが考える機会を奪う」(毎日)、「子どもたちよ、もっとゲンに触れ、そして自分で感じてほしい」(東京)などと主張する。

 だが、これらの社説は、実際の「ゲン」の作品世界とは遊離していないか。社説を書いた各紙の論説委員は、本当に「ゲン」を読んでいるのかと疑問に思う。

 40年近く前、小学校の学級文庫に並ぶこの作品を読んだ筆者は、そこから「平和の尊さを学ぶ」(毎日)というより、人間社会の「悪意」と「憎しみ」ばかりを印象に刻んだ。グロテスクな表現と登場人物の自己中心的な言い分にうんざりした記憶はあっても、「中沢さんの思いに子どもたちが共感した」(朝日)とはにわかに信じがたい。

3紙の社説は具体的に触れていないが、「ゲン」では何ら根拠も示さず旧日本軍の「蛮行」が「これでもか」というほど語られる。

 「妊婦の腹を切りさいて中の赤ん坊を引っ張り出したり」「女性の性器の中に一升ビンがどれだけ入るかたたきこんで骨盤をくだいて殺したり」…。

 特に天皇に対しては、作者の思想の反映か異様なまでの憎悪が向けられる。

 「いまだに戦争責任をとらずにふんぞりかえっとる天皇」「殺人罪で永久に刑務所に入らんといけん奴はこの日本にはいっぱい、いっぱいおるよ。まずは最高の殺人者天皇じゃ」

 東京社説によると「ゲン」は、韓国では全10巻3万セットを売り上げるベストセラーだという。さだめし、韓国の「反日」活動の論拠の一つとして利用されていることだろう。

 朝日社説は「漫画を否定しがちだった先生たちが、限られた図書館予算の中から『ゲン』を積極的に受け入れたのも、作品のメッセージ力が強かったからこそだ」と持ち上げる。とはいえ、日教組好みのメッセージだったからこそ、学校現場で普及したのだから当たり前の話である。

 憲法は表現の自由を保障しており、「ゲン」のような漫画があってもいい。だが、それと教育現場にふさわしいかはおのずと別問題だ。「閉架」措置うんぬん以前に、小中学校に常備すべき本だとはとても思えない。(政治部編集委員)

| | トラックバック (0)

じぇじぇじぇ!『あまちゃん』に松田聖子が出演

じぇじぇじぇ!『あまちゃん』に松田聖子が出演?の仰天情報

2013.08.19 07:00

  • mixiチェック

 これまで『あまちゃん』(NHK総合、朝8時~ほか)のネタバレ情報を報じ続けてきた本誌は、今号も仰天情報を入手した。

「ついに、あの松田聖子が登場するそうなんです。本人役での出演をNHKがオファーし、OKが出たという話です」(芸能関係者)

 ビビビ! ならぬ、じぇじぇじぇ!

 事実なら、松田聖子と小泉今日子という「80年代の2大アイドル」がドラマ初共演を果たすことになる。あまちゃんファンのアイドル評論家・中森明夫氏は当初から予想していたという。

「北三陸の実家の春子(小泉今日子)の部屋に大きなポスターが貼ってあったので、僕は聖子がいつか出演するんじゃないかと思っていました。本人の許可を得ていなければ、あそこまではやらないでしょう」

 たしかに、ドラマには“聖子”が頻出する。若き日の春子(有村架純)の髪型は聖子ちゃんカットだし、純喫茶「アイドル」でも、ショートカットとなった聖子のシングル『天使のウィンク』が飾ってあった。こうしたすべてが本人登場の伏線と考えられなくもない。

 ドラマの撮影はすでに終了しているが、果たしてどのようなシーンで登場するのだろうか。

「例えば、『潮騒のメモリー』のリメイク版でアキ(能年玲奈)と聖子の共演となれば、大きな山場になりますね。春子にとって、因縁の映画への出演と、憧れのアイドルとの共演という二つの夢を娘が叶えてくれるわけですから」(中森氏)

 先日の放送では、夏(宮本信子)が本人役で出演した橋幸夫と46年ぶりの再会を果たした。これには、海女たちが『いつでも夢を』を普段から歌っていたという伏線があった。

 本誌は北三陸編の映像を何度もチェックし、聖子の出演にまつわる重大な伏線を発見した。高校時代の春子はデモテープを作るために、漁協から8トラ(カラオケ機)を借りてくるが、聖子のカセットが入ってなかったために、村下孝蔵の『初恋』を選んで録音した。

 この「かけられなかった聖子の曲」が今後重要な役割を果たすのでは──。

 最終回まで約1か月。真相は、あなたの目で確かめてほしい。

※週刊ポスト2013年8月30日号

| | トラックバック (0)

こころぐ辞めたワケではなく

ビデオ日記が中心なのに、このココログはビデオ(ニコニコ)に対応していないので更新しないだけ

| | トラックバック (0)

角帯の結び方

| | トラックバック (0)

心霊写真コンテスト 2013 三角柱らよ

| | トラックバック (0)

民度

★「日本人、体にいい福島産さくらんぼを食べろ」 放射能からめた芸人暴言コントに韓国紙「大喝采」

・サッカー日韓戦で起こった「横断幕」騒動をめぐり、韓国のテレビ番組でタレントが「日本応援団に福島産さくらんぼを
 送ったよ」などと原発事故にからめて日本を揶揄するような「ネタ」を演じていたことがわかった。

 番組は韓国の公共放送局KBS2で2013年8月4日に放映された「ギャグコンサート」だ。この日は、韓国人お笑い
 タレントのカク・ポムさん(26)が出演し、さっそく日韓戦に関する漫談を始めた。

 番組の模様を報じたスポーツ朝鮮、東亜日報など韓国各紙によると、カクさんは、「韓日戦、韓国は負けたけど両チームとも
 応援する姿がよかったね」と語り始め、「日本応援団は旭日旗まで振りながら応援していた。そこで私は彼らにプレゼントを
 贈ったよ」と、懐からさくらんぼを取り出した。

 「体にいい福島産さくらんぼだ」
 さくらんぼといえば、福島県の名産品の1つだ。福島第1原発事故と絡めて放射能入りといいたいらしい。ちなみに福島県産
 さくらんぼについては、県が正式に「安全宣言」を出している。

 この「ギャグ」に会場は大爆笑となった。そこで共演者が「私も食べよう」と手を伸ばそうとすると、カクさんはそれを止め、
 「『身土不二』(地元の食材が地元の人間には相性が良い)って言うでしょ? これはあの人たちだけで食べなきゃいけない」

 風評被害に苦しみながら、地元農業の復興に力を注ぐ関係者の傷口にまさに塩を塗るような発言だ。しかしこの返しに、
 カクさんにはさらに大きな喝采が巻き起こったという。

 韓国メディアは、「無礼な日本サポーターにきつい一刺し」などと、そろってこのネタを好意的に報じている。ネット上では
 「いくらなんでも対外的に危ない発言だ」と批判する声もあるというが、

 「風刺ギャグで胸がスッとした」「福島産さくらんぼネタ、痛快だった」などと、韓国内ではおおむね好評のようだ。

 

http://www.j-cast.com/2013/08/06180865.html?p=all

| | トラックバック (0)

船橋の花火大会

| | トラックバック (0)

反ドイツ

第二次世界大戦期、
第一次世界大戦の敗北でハイパーインフレと貧困にあえぐドイツ人を
高利貸しやインフレを利用した資産収奪などで苦しめていた富裕層の在独ユダヤ人は、 
教育水準の高さからあらゆる業界の上層部に巣食いつつ、一方で共産主義者ともつるんで「反ドイツ」を掲げ、
レジスタンスとしてドイツ国内に居座っているという、とんでもない存在であった。 
この危険分子である在独ユダヤ人を問題視するヒトラー政権が1933年1月30日に発足すると、 
ユダヤ人連合は過激に反発、
情勢は遂に、『ユダヤ人がドイツに宣戦布告』と題された記事が新聞(1933/3/24「デイリー・エキスプレス」)に掲載されるまでに至る。 
この宣戦布告によって、ドイツ人は、ユダヤ人とは共存出来ないと言う事を確信。 
ヒトラー政権は、間髪いれず反政府運動を取り締まる法律を制定した。 
この時、全てのドイツ人が、「害にしかならない在独ユダヤ人は出て行け」と思っていた。 

遂にドイツは、国民を苦しめ続けるユダヤ人に対する「最終的な解決方法」を決定する。 
「財産没収及び強制国外退去処分」である。 

後に「ホロコースト」というプロパガンダとして語られるこの「ユダヤ人狩り」は、 
ユダヤ人を『人道的』に国外追放するべく、彼等を一旦収容所へ収容した。 
ドイツ人は、ユダヤ人を丁重に扱った。 
「チクロンBという、チフス病を媒介するシラミ退治のガス薬を使って健康管理を行い」 
「収容所で結婚式を挙げさせ、多くを出産させ」 
「自分たちの食事が無くともユダヤ人に食事をさせ」た。 
そもそも、ユダヤ人を絶滅させたいのであれば、捉えた時点で射殺をすれば良いだろう。 
此処から分かる様に、「ホロコースト」とは、戦後ユダヤ人が作った捏造宣伝であり、 
史上最も成功した捏造プロパガンダと言える。 
収容所で発生した死者の多くはチフスによる病死、及び連合国の爆撃によって補給路が寸断された事を原因とした餓死であった。

「ホロコースト」は、ドイツ語ではない。ユダヤ教の儀式名で「生贄の儀」を意味する。 
「イスラエルを建国する為の生贄」という訳だろう。 
「ホロコースト」は日本の「南京大虐殺」と同じでっちあげであり、ユダヤはドイツ国内で此の捏造を検証する行為を禁止させた。 
在日朝鮮人≒在独ユダヤ人

| | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »