« お好み牛玉丼 すき家 8月1日 発売 | トップページ | 船橋の花火大会 »

反ドイツ

第二次世界大戦期、
第一次世界大戦の敗北でハイパーインフレと貧困にあえぐドイツ人を
高利貸しやインフレを利用した資産収奪などで苦しめていた富裕層の在独ユダヤ人は、 
教育水準の高さからあらゆる業界の上層部に巣食いつつ、一方で共産主義者ともつるんで「反ドイツ」を掲げ、
レジスタンスとしてドイツ国内に居座っているという、とんでもない存在であった。 
この危険分子である在独ユダヤ人を問題視するヒトラー政権が1933年1月30日に発足すると、 
ユダヤ人連合は過激に反発、
情勢は遂に、『ユダヤ人がドイツに宣戦布告』と題された記事が新聞(1933/3/24「デイリー・エキスプレス」)に掲載されるまでに至る。 
この宣戦布告によって、ドイツ人は、ユダヤ人とは共存出来ないと言う事を確信。 
ヒトラー政権は、間髪いれず反政府運動を取り締まる法律を制定した。 
この時、全てのドイツ人が、「害にしかならない在独ユダヤ人は出て行け」と思っていた。 

遂にドイツは、国民を苦しめ続けるユダヤ人に対する「最終的な解決方法」を決定する。 
「財産没収及び強制国外退去処分」である。 

後に「ホロコースト」というプロパガンダとして語られるこの「ユダヤ人狩り」は、 
ユダヤ人を『人道的』に国外追放するべく、彼等を一旦収容所へ収容した。 
ドイツ人は、ユダヤ人を丁重に扱った。 
「チクロンBという、チフス病を媒介するシラミ退治のガス薬を使って健康管理を行い」 
「収容所で結婚式を挙げさせ、多くを出産させ」 
「自分たちの食事が無くともユダヤ人に食事をさせ」た。 
そもそも、ユダヤ人を絶滅させたいのであれば、捉えた時点で射殺をすれば良いだろう。 
此処から分かる様に、「ホロコースト」とは、戦後ユダヤ人が作った捏造宣伝であり、 
史上最も成功した捏造プロパガンダと言える。 
収容所で発生した死者の多くはチフスによる病死、及び連合国の爆撃によって補給路が寸断された事を原因とした餓死であった。

「ホロコースト」は、ドイツ語ではない。ユダヤ教の儀式名で「生贄の儀」を意味する。 
「イスラエルを建国する為の生贄」という訳だろう。 
「ホロコースト」は日本の「南京大虐殺」と同じでっちあげであり、ユダヤはドイツ国内で此の捏造を検証する行為を禁止させた。 
在日朝鮮人≒在独ユダヤ人

|

« お好み牛玉丼 すき家 8月1日 発売 | トップページ | 船橋の花火大会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13237/52695141

この記事へのトラックバック一覧です: 反ドイツ:

« お好み牛玉丼 すき家 8月1日 発売 | トップページ | 船橋の花火大会 »