« ゼロにしたい井筒 | トップページ | 「高3女子神隠し」の衝撃背景は、統一教会信者 »

和歌山県知事「イルカだけ残虐とするのは違う」ケネディ米大使に反論

和歌山県知事「イルカだけ残虐とするのは違う」ケネディ米大使に反論

 和歌山県の仁坂吉伸知事は21日の記者会見で、キャロライン・ケネディ駐日米大使がツイッターで「イルカの追い込み漁の非人道性」を訴えたことに対し、「われわれは牛や豚の命を奪って生きている。イルカだけ残虐だとするのは違うのではないか」と反論した。

 仁坂知事は、イルカ類は国際的な規制の対象外だと指摘。「食文化は違う。世界的に資源がなくなるのでなければ、相手の立場を認め合うのが文明の知恵だ」と述べた。

 和歌山県太地町ではイルカなどの小型鯨類を湾に追い込んで捕獲している。

米、イルカ漁に懸念表明

2014年1月22日(水)7時8分配信 共同通信

 

-PR-

 【ワシントン共同】米国務省のハーフ副報道官は21日の電話記者会見で、日本でのイルカ漁に関し「生物資源の持続可能性と道義性の両面で懸念している」と表明した。

               

 商業捕鯨に反対する米政府の立場を重ねて強調。ケネディ駐日米大使が、短文投稿サイトのツイッターでイルカの追い込み漁に反対したことには「米政府の長年の見解を表現したものだ」と述べ、日本政府に直接、懸念を伝えていることも明らかにした。

               

 菅義偉官房長官は20日の記者会見で、大使の投稿に「わが国の伝統的な漁業の一つであり、法令に基づき適切に実施されている」などと反論した。

|

« ゼロにしたい井筒 | トップページ | 「高3女子神隠し」の衝撃背景は、統一教会信者 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13237/54693934

この記事へのトラックバック一覧です: 和歌山県知事「イルカだけ残虐とするのは違う」ケネディ米大使に反論 :

« ゼロにしたい井筒 | トップページ | 「高3女子神隠し」の衝撃背景は、統一教会信者 »