« 百田尚樹氏には手向かえない朝日新聞(変節偏向誌) | トップページ | 安積明子さん 高価なワンピースを自慢してご満悦 »

とってつけたような「作話」

エクスキューズミー(すみません)

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/desk/article/67440

 「エクスキューズミー(すみません)」。福岡(天神)発の西鉄電車内で韓国人の男性に声を掛けられた。男性は「太宰府天満宮に行くのは、この電車でいいのか?」と尋ねているらしい。

 「オッケーだよ。でも、二日市駅で乗り換えないといけない」。車内の路線図を指さしながら、何とか片言の英語で答えた。男性は一応納得してくれたが、傍らの妻らしき女性はよちよち歩きの男児の手を握り、いかにも不安そうな顔をしている。

  そこに寄ってきた博多弁の年配女性3人。「私らも天満宮に行くけん付いておいでって、そげん言うて」と私に言う。夫妻にそう伝えると笑顔でうなずいた。 「かわいかー。いないいないバー」。女性陣は男児にも、ちんぷんかんぷんであろう日本語で話し掛けるなど屈託がない。草の根の日韓交流は、実にコミュニ ケーション力にたけている。両国トップも少し見習えばいいのだが…。 (池田郷)

=2014/02/04付 西日本新聞朝刊=

TODAY1 ∞ とってつけたような新聞記者の脳内作話にしか思えないが、まあホントにあったのだろう・・・でも、別にどこの国の方に対しても同じだろう・・

いつも胡散臭い西日本誌ではあるが・・・

|

« 百田尚樹氏には手向かえない朝日新聞(変節偏向誌) | トップページ | 安積明子さん 高価なワンピースを自慢してご満悦 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13237/54857600

この記事へのトラックバック一覧です: とってつけたような「作話」:

« 百田尚樹氏には手向かえない朝日新聞(変節偏向誌) | トップページ | 安積明子さん 高価なワンピースを自慢してご満悦 »